消費税

消費税

消費税の輸出免税取引と免税店における取扱い

日本からの輸出品は消費税が免除されます。消費税法に規定する輸出取引に該当し一定の書類を保存することが要件になります。免税は消費税の税率が0%という意味です。また街中にある免税店はTAX FREE SHOPで消費税のみが免税になり、空港にある免税店はDUTY FREE SHOPで関税やたばこ税・酒税も免除されます。
消費税

消費税の非課税取引【政策的配慮により非課税になるもの9項目】

消費税10%の増税が迫っていますが非課税規定に該当する取引は消費税が掛からないため増税の影響を受けません。消費税の非課税は17個の限定列挙からなり、うち社会保険医療、介護保険・社会福祉事業サービス、助産、火葬料・埋葬料、身体障碍者用物品の譲渡・貸付け、学校の入学金や授業料、教科書の購入、住宅の貸付けについて解説します。
消費税

消費税の非課税取引【消費税の性格上非課税になるもの8項目】

消費税10%への増税が迫っていますが非課税規定に該当する取引は消費税が掛からないため増税の影響を受けません。消費税の非課税は17個の限定列挙からなり、うち土地の譲渡・貸付け、有価証券等の譲渡、支払手段の譲渡、貸付金等の利子・保険料、郵便切手・印紙・証紙、物品切手、国等の行政手数料及び外国為替業務について解説します。
消費税

【消費税10%への増税】リース取引(借手側)に係る経過措置

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。リース取引について借り手側から解説。経過措置の対象となるのは賃貸借処理をするオペレーティングリース取引と所有権移転外ファイナンスリース取引で、売買取引及び金融取引の所有権移転ファイナンスリース取引とセールアンドリースバック取引は対象外です。
消費税

消費税増税後の適用税率の判定方法と経過措置の適用要件【消費税10%への増税】

軽減税率や請求書改正と共に実施される経過措置と増税後の8%と10%の税率の適用・判定方法、Q&A及び旅客運賃、電気・通信料金、工事の請負契約、資産の貸付け、指定役務、定期購読、予約販売、特定新聞、通信販売、老人ホーム、家電リサイクル法の経過措置、出荷基準と検収基準、商品の返品、決算締切日の特例、1年間の保守契約を解説。
消費税

【消費税10%への増税】電気料金(通信料金)等に係る経過措置

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。電気・ガス・上下水道料金、電話、携帯電話、スマホ、インターネット、Wi-Fi及びCATVなどの通信料金の経過措置のQ&Aと適用要件、灯油、温泉、貸しビルのテナントから受取る電気代、プロパンガス、定額料金と従量料金、多段階定額制について解説。
消費税

【消費税10%への増税】工事等の請負契約に係る経過措置

消費税10%の増税に伴い軽減税率や請求書の改正、経過措置が実施されます。建築・工事・製造等の請負契約に係る経過措置のQ&Aと適用要件、請負工事の範囲や追加工事がある場合、着工日、契約書が無い場合、下請け、完成引渡しが無い場合、一戸建て住宅やマンションの購入、工事の材料や外注費の仕入など事例ごとに解説します。
消費税

【消費税10%への増税】インターネット販売(通信販売)に係る経過措置

消費税10%への増税に伴い軽減税率や請求書の改正、経過措置が実施されます。インターネットなど通信販売の税金の経過措置についてQ&Aと適用要件、送料の経過措置、消費税を計上するタイミングと問題点、経過措置の内容、条件提示の意味と販売方法、更に多くのインターネット販売が経過措置の対象にならない理由を解説します。
消費税

【消費税10%への増税】旅客運賃等に係る経過措置

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。電車、バス、航空機、乗船券、出張、チケット、施設入場料、回数券や乗車券、定期券の旅客運賃等のQ&Aと適用要件、ICカード、クレジットカード、ディナーショー、チケットレスサービス、プラン変更によるアップグレードとダウングレードなど詳しく解説。
消費税

【消費税10%への増税】不動産の賃貸借に係る家賃の経過措置

消費税10%への増税で軽減税率や請求書の改正、経過措置が実施されます。土地・建物等の賃貸の経過措置について貸付けの経過措置のQ&Aと適用要件、賃貸借契約書の文言、契約自動更新、家賃の変更、途中解約、税率変更の記載、解約条項などを解説します。又消費税の経過措置は選択適用ではなく強制適用であることも解説しています。
消費税

【消費税免税の条件】法人に係る消費税の納税義務の判定方法

税金の納税義務の判定、特に消費税の納税義務の判定は重要です。今回は基準期間、特定期間の解説、課税売上高と給与支払額の定義と計算方法、課税事業者・免税事業者の意義、1年未満の基準期間の判定、設立1期目2期目で必ず免税事業者になる方法、資本金1千万円の基準、大企業の子会社の定義、調整対象固定資産などについて解説しています。
消費税

【消費税免税の条件】個人事業者に係る消費税の納税義務の判定方法

税金の納税義務の判定、特に消費税の納税義務の判定は重要です。今回は基準期間、特定期間の解説、課税売上高と給与支払額の定義と計算方法、課税事業者・免税事業者の意義、アフィリエイト報酬の消費税及びGoogleアドセンスの消費税の取扱い、開業日による節税方法、開業1年目、2年目、3年目以降の納税義務を解説しています。
消費税

輸出に係る消費税の還付の仕組み【本当に輸出企業は消費税の還付金で得をしているのか?】

消費税増税時には軽減税率や経過措置、価格転嫁、請求書等の変更があります。しかし一部の輸出企業では増税による還付金増加がメリットになると言われています。消費税の還付の仕組みと本当に輸出事業者は消費税の還付で得をしているのか、消費税の還付を受ける際の注意点をトヨタ自動車と輸出許可書、課税期間の短縮も絡めて解説します。
消費税

飲食料品(外食)に係る軽減税率の適用を個別事例で解説【消費税10%への増税】

消費税軽減税率の対象品目のQ&Aです。外食中心です。社員食堂?学食?給食?屋台?コンビニ?イートイン?持ち帰り?店内飲食?マクド?折り詰め?立ち飲み屋?フードコート?移動販売?新幹線のワゴン販売?野球場のビール?映画館のポップコーン?カラオケ?旅館・ホテル?バーベキュー?ケータリング?ピザの宅配?など詳しく解説。
消費税

飲食料品に係る軽減税率の適用を個別事例で解説【消費税10%への増税】

消費税軽減税率の対象品目のQ&Aです。家畜や活魚を売ったら?インターネット通販の食品は?自動販売機は?食品の輸入は?野菜の種や苗木は?氷の販売は?賞味期限切れ?料理用のワインや調味料は?みりんや料理酒は?ノンアルコールビールは?健康食品、栄養ドリンクやトクホ?潮干狩り?食品の送料は?ペットフードは?など詳細に解説。
消費税

区分記載請求等保存方式における請求書の作成方法【消費税10%への増税】

消費税の増税に伴う軽減税率や経過措置の実施とともに帳簿や請求書などの記載、保存方法が改正されます。増税の目玉である適格請求書等保存方式(インボイス方式)が導入される前に区分記載請求書等保存方式が導入されます。そこで今回は具体的な図解を使って区分記載請求書等保存方式における請求書の書き方と注意点等を解説します。
消費税

飲食料品に係る軽減税率の対象品目とその範囲【消費税10%への増税】

平成31年(2019年)10月の消費税10%の増税に伴う軽減税率の対象品目は外食・酒類・医薬品を除く全ての飲食料品、インターネット通販、イートイン、ケータリング、テイクアウト、宅配などで、Q&Aも掲載しています。その他経過措置や区分請求書の改正も行われます。軽減税率の対象食品に該当する範囲や判定方法について解説します。
消費税

消費税が掛かる取引と掛からない取引の判定方法【課税、非課税、免税及び不課税】

サラリーマンの給料に消費税が掛からないのはなぜ?課税の対象になる4つの要件国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等の意味から、不課税、非課税、免税、課税に至るまでの消費税の判定方法を解説します。また、非課税の限定列挙17項目と輸出取引の免税規定、消費税のクイズ、不課税、非課税と免税の違いも解説。
消費税

【消費税10%への増税】軽減税率制度と請求書等の改正が会計・税務に与える影響

消費税の増税に伴う軽減税率と適格請求書等について解説します。軽減税率は飲食料品と新聞について適用されます。また、軽減税率以上に大きな意味をもつのが、区分記載請求書等保存方式と適格請求書等保存方式(インボイス方式)です。請求書の保存は消費税の仕入税額控除の要件になります。この請求書の保存についても詳しく解説しています。
消費税

【消費税10%への増税】消費税を滞納しないための3つの方法と対処法

消費税に限らず税金の滞納には厳しい取り立てがあります。小規模な中小企業や個人事業者が消費税の増税の際に税金を滞納しないための方法として税抜経理に変更する、納税資金をプールする、預かった消費税を会社経営に使わない等の対策について解説します。また、換価の猶予や分納についても紹介しています。
テキストのコピーはできません。