会社

年末調整

【2019年(令和元年)分】所得税の扶養控除額・障害者控除額一覧表

扶養控除とは一定の扶養親族がいる場合に所得控除という優遇措置が受けられる制度で、同じく障害者控除も一定の障害者が適用できる税制上の優遇措置です。これらを適用すると年末調整や確定申告の税金を少なくすることができますので、今回は、年齢別・区分別(同居・非同居・障害の有無)の扶養控除と障害者控除の一覧表を掲載します。
資金繰り

クラウドファンディングに係る税制を資金提供者の側から分かりやすく解説します

ネット上で不特定多数の賛同者から資金を集める行為、又はそのサービスのことをクラウドファンディングと言います。クラウドファンディングは投資型・寄付型・購入型の3つに分けられますが企業などに資金を提供した場合、税金の取扱いはどうなるのでしょうか?資金提供者、資金提供時及び見返り受取時に分けてそれぞれの税制を解説します。
資金繰り

資金繰りが苦しくなる原因と資金繰りを楽にする方法をお教えします

資金繰りの悪化原因は収入・支出・政策・意識の4つに分類できます。収入面と支出面のバランスが取れていないと必ず資金ショートが起こります。さらに会社の政策面と意識面での改革も必要です。今回はこの4つの原因の詳細を解説するとともに、資金繰りを楽にする方法についても解説します。資金繰りを楽にするポイントは在庫と買掛金です。
会社経営

補助金の圧縮記帳制度と助成金との違いについて解説します

補助金と助成金は返済不要・使途自由・後払いという点で共通していますが、支給元・目的・支給条件などが異なります。また税制上補助金は圧縮記帳が可能であり、圧縮記帳の概要についても解説しています。補助金は法人・個人事業の支援と拡大を目的とし、助成金は雇用の均等化と拡大に主眼を置いています。それぞれの所轄省庁も異なります。
社会保険等

試用期間中の社会保険(健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険)の加入について

すぐに会社を辞められたら保険料が勿体ないという理由から、試用期間中に社会保険に加入させない企業があります。しかし社会保険の加入は加入要件を満たしているか否かのみで判断するため、試用期間云々は関係ないのです。健康保険などは調査によって指摘される可能性があり、雇用保険は失業保険を巡ってトラブルになることもあります。
会社経営

試用期間を設定する場合の4つの注意点とトラブルの回避方法

従業員の採用にあたって試用期間を設定している会社も多いと思います。しかし試用期間の意味を詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。試用期間を巡っては労使トラブルが起こることも多く、お互いに得にはなりません。そこで試用期間とは?と題して試用期間の定義と解雇・本採用・給与など注意点とトラブル回避方法を解説します。
社会保険等

雇用保険の加入手続きを忘れていた場合の対処法とトラブルの可能性

社会保険や雇用保険の手続は過去に遡って行うことができます。雇用保険は最大過去2年の遡及加入が可能です。但し遡及加入では未加入期間の追加保険料を支払う必要があり、労働保険料の申告書を訂正して支払うことになります。また失業保険の給付日数に雇用保険加入期間が関わってくるので、退職者と会社の間でトラブルになる可能性もあります。
社会保険等

給与から天引きされる社会保険料の計算方法について解説します

毎月の給与から控除される健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料は、標準報酬月額×保険料率で計算され、雇用保険料は毎月の給与支給額×保険料率で計算されます。健康保険・介護保険は都道府県や組合によって料率が変わり、3ヶ月の給与平均額を用いて標準報酬月額を算定します。雇用保険は毎月一定ではなく手当の変動などによって変わります。
社会保険等

給与から天引きされる4つの社会保険の仕組みを解説しました

給与から控除される社会保険には健康保険、介護保険、厚生年金及び雇用保険があります。これに労災保険を含めて社会保険と言いますが労災保険は全額会社負担のため天引きされません。今回は労災保険が給与から天引きされない理由、つまり労働者負担分がない理由と国保・社保、国民年金・厚生年金、介護保険の内容などについて解説します。
会計処理(仕訳)

給与明細書の見方を4つのポイントに絞って分かりやすく解説します

給与明細書は勤怠と支給項目、控除項目からなり支給総額から控除総額を引いた金額が手取額(振込額)です。勤怠は出勤・欠勤・就業時間等を記入し、支給項目は基本給と各種手当が記載されます。控除項目は社会保険料と税金で構成されます。又給与と給料の違い、締め日と支給日、有給(年次有給休)及び明細書の保存期間について解説しています。
会社設立

自宅を本店としている会社は必見です!法人設立届出書の書き方と提出先

国税の法人の本店(本社)は原則として登記上の本店になります。従って社長の自宅を本店として登記していれば自宅がその会社の本店となり法人税の申告・納税も自宅を所轄する税務署で行います。会社を設立した場合には、本店の場所に拘わらず必ず法人設立届出書を税務署に提出するため、その記入方法を記載例を掲載しながら詳細に解説します。
年末調整

扶養控除・扶養親族等の判定方法を9つの個別事例を用いて解説します

税金の扶養控除・扶養親族には要件があるため、個別事例として内縁の妻とその子供、認知の時期の判定、親権者の届出の有無、再婚した妻の連れ子、養子縁組と扶養の関係、離婚後の養育費負担、扶養親族が死亡した場合、死亡した妻の親の扶養、帰化していない外国人との結婚の9項目について具体的な扶養親族の判定方法を図で解説します。
年末調整

扶養親族に該当するための4つの要件を詳細に解説しました

扶養控除を受けるには扶養親族である必要があります。扶養親族はその年の12月31日時点で6親等内の血族及び3親等内の姻族又は里子や市町村長から養護を委託された老人であること、生計を一にしていること、合計所得金額が38万円以下であること、青色事業専従者給与を貰っていない又は白色事業専従者控除を受けていないことが要件です。
会計処理(仕訳)

法人契約の養老保険に係る仕訳方法と税務上の取扱いについて

法人の生命保険は契約内容により税務上の取扱いや仕訳方法が異なります。養老保険は、死亡保険金・満期保険金及び解約返戻金が受け取れる保険で、法人・役員と従業員及びその遺族が保険金の受取人になれます。支払保険料については、保険金の受取人によって全額資産計上、給与として計上、1/2ずつ資産・損金に計上する会計処理があります。
会計処理(仕訳)

外貨建取引の仕訳方法について期末の処理を中心に分かりやすく解説します

外貨建売掛金や買掛金、前払金や前受金さらに外国通貨、外貨預金、固定資産などは円換算後の金額で仕訳をしなくてはなりません。基本的に取引発生時の外国為替レート(HR)で換算し、一部のものは期末時の外国為替相場(CR)で換算します。TTMで円換算するのを原則とし、円換算時の為替レートによる差額は為替差損益として計上します。
会計処理(仕訳)

給与の仕訳は締め日と支給日がポイント!仕訳方法を分かりやすく解説しました

経理初心者や会計に不慣れな担当者が頭を悩ませる仕訳として給与の仕訳があります。給与の仕訳は給与手当・旅費交通費・預り金・現金預金(未払給与)の4つの勘定科目で仕訳できます。複式簿記の借方・貸方とは?社会保険料・源泉所得税・住民税の仕訳と、簡単で覚えやすい雇用保険料(労働保険料)の仕訳についても図解で解説しています。
資金繰り

キャッシュフローと資金繰りの違いについて分かりやすく解説します

キャッシュフローはお金の流れを意味し視覚的に現したものがキャッシュフロー計算書です。資金繰りは将来の資金の入出金の予測をするもので資金繰り表を使用します。キャッシュフローは発生主義による粉飾決算を防止する役割と期首・期末B/S繋ぐ役割を持ちます。キャッシュフローと資金繰りは相互に活用することで会社の武器になります。
資金繰り

現金は嘘をつきません!黒字倒産の仕組みと原因を解説します

法人や個人事業者にとって倒産に対する備えは欠かせません。倒産の一番の理由は資金繰りの悪化です。黒字倒産は利益が出ていても資金がショートしてしまうために起こります。そこには信用経済と発生主義のルールが深く関わっており、更に粉飾決算が要因となります。銀行からの融資のために粉飾決算をする企業は黒字倒産の危険性が高まります。
資金繰り

なぜ会社にとって資金繰りが重要なのか?を分かりやすく解説します

法人・個人の事業者にとって資金繰りは経営の行方を左右する大事な要素です。資金繰りとは支払いに困らないようにお金を工面することを言い、まず会社が儲けを出のが前提です。資金繰りが苦しい時は銀行等金融機関の借入に頼りがちですが、それよりもまずお金の入金を正確に予測することが大事です。資金が不足する8つの要因も解説。
年末調整

生命保険料控除の計算方法と有利選択の方法について解説します

年末調整や確定申告の税金の所得控除として生命保険料控除があります。適用要件、控除額の計算方法と所得控除の意味などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度、旧制度の区別があります。特に新契約と旧契約の両方がある場合の有利判定の方法も計算例を交えて解説しています。
テキストのコピーはできません。