住宅ローン控除

住宅ローン控除

住宅ローン控除に必要な添付書類について【1年目と2年目以後の手続】

初年度と2年目以降の住宅ローン控除に必要な手続書類を解説。住宅借入金等特別控除は、自宅の新築の他、中古住宅の購入やリフォーム・増改築においても適用できますが確定申告で必要な添付書類が異なります。家屋の新築、建物と土地の一括購入、認定住宅の場合、中古住宅と要耐震改修住宅の購入及びリフォーム改修工事に分けて解説します。
住宅ローン控除

中古住宅を購入した場合の住宅ローン控除について解説します

確定申告の住宅ローン控除は、新築の自宅やマンションを購入や一定の増改築やリフォームをした場合に適用できますが中古住宅を購入した場合にも適用できます。今回は中古住宅を購入した場合の住宅ローン控除について適用要件や控除額の計算、手続方法まで徹底的に解説します。耐震基準や要耐震改修住宅、耐火建築物についても解説しています。
住宅ローン控除

外壁工事などの耐久性向上改修工事に係る所得税の減税制度

確定申告の減税の住宅特定改修特別税額控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除の適用要件、控除額の計算、必要書類ついて解説します。小屋裏、外壁、浴室、脱衣室、土台、軸組等、床下、基礎、地盤の劣化対策工事、給排水管、給湯管の維持管理更新を容易にする工事で長期優良住宅建築等計画に基づくものである工事が耐久性向上改修工事です。
住宅ローン控除

地震に備えて!自宅の耐震改修工事に係る3つの減税制度

自宅に地震に対するリフォーム増改築を施したときは確定申告で税金が減額されます。ローンで中古の要耐震改修住宅を購入すれば住宅ローン控除、ローンで耐震工事をすれば住宅耐震改修特別控除、ローン無しで耐久性向上改修工事と併せて行えば住宅特定改修特別税額控除が受けられます。適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
住宅ローン控除

お得な減税制度!住宅ローン控除の仕組みと控除額の計算方法について

確定申告の収入・所得の意味、給与所得控除・所得控除の内容、税金の計算方法・やり方から、住宅借入金等特別控除の控除額の計算方法、適用要件、手続、必要書類、計算明細書・申告書の記載方法まで解説。所得税と住民税の控除額や医療費控除とのお得度の比較、税額控除と所得控除の違いなど、確定申告と住宅ローン控除を分かりやすく解説。
住宅ローン控除

二世帯住宅工事に係る3つの減税制度について詳しく解説します

確定申告では自宅の新築だけでなく両親や祖父母と住むための増改築工事も税金の減額が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。多世帯同居改修工事の住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、必要書類を解説。
住宅ローン控除

バリアフリー改修工事に係る3つの減税制度について

確定申告では自宅の新築だけでなく障害者や高齢者用の増改築工事も減税制度が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。バリアフリー改修工事の住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
住宅ローン控除

太陽光発電も対象!省エネリフォーム工事に係る3つの減税制度

確定申告では自宅の新築だけでなく太陽光発電ソーラーパネル増改築工事も減税制度が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。省エネリフォームの住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
住宅ローン控除

新築だけじゃない!リフォーム・増改築工事に係る住宅ローン控除について

確定申告では自宅の改修・修繕や外壁塗装工事でも税金の住宅借入金等特別控除が受けられます。バリアフリー改修工事、省エネ改修工事、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。また外壁塗装の住宅ローン控除や新築とリフォームを併用した住宅ローン控除についても解説。
住宅ローン控除

自宅兼事務所はどうなる?居住用割合に変動があった場合の住宅ローン控除

自宅の住宅ローン控除を受けている人が、住宅ローン控除の期間中に自宅を自宅兼事務所として使用する時は、居住用割合を変更した住宅借入金等特別控除額の計算明細書を添付して確定申告をします。また居住用割合の端数処理、建物・土地の一括借入の居住用割合、事業用割合が低い場合(居住用割合が90%以上)などについて解説します。
住宅ローン控除

住宅ローンを一括・繰上返済しても住宅ローン減税は受けられますか?

住宅借入金等特別控除は10年以上の住宅ローンを組んだ場合に適用できます。しかし、住宅ローンを借りている側からすれば一刻も早くローンを返済したい(減らしたい)という気持ちになります。では、住宅ローンを繰上返済(一括返済)した場合でも住宅ローン控除は受け続けられるのでしょうか?その点について図解を交えて解説します。
住宅ローン控除

確定申告はしたけれども住宅ローン控除の適用を忘れてしまった場合の対処法

住宅借入金等特別控除を忘れた場合は、法定申告期限内であれば再度申告できます。法定申告期限を過ぎたら修正申告か更正の請求になりますが住宅ローン控除は更正の請求ができません。また更正の嘆願という手続きもあります。住民税は納税通知書が通知されるまでは還付申告可能です。納税通知書が届いてからは住宅ローン控除は適用できません。
住宅ローン控除

住宅ローン控除の確定申告を忘れた場合の3つの対処法

税金の住宅ローン控除を受けるには最初に必ず確定申告が必要です。もし確定申告を忘れた場合は住宅ローン控除は受けられないのか?サラリーマンなどの還付申告は最大5年間遡って確定申告が可能です。6年以上前の住宅ローンは控除期間が切り捨てられてしまいます。過去の源泉徴収票などの必要書類を揃えられるかも注意する必要があります。
テキストのコピーはできません。