e-Tax

e-Tax

インターネットバンキングの入力方式を利用した電子納税について解説します

国税の電子納税にはダイレクト納付とインターネットバンキング等による納付の2つがあり、インターネットバンキング等については登録方式と入力方式に分かれます。今回は、より手軽で簡単な入力方式によるインターネットバンキング等を使った電子納税の手続方法と適用要件などを解説します。りそな銀行を使った実際の手続きも図解しています。
e-Tax

スマホによる確定申告書の作成【ふるさと納税と添付書類・データ保存】

サラリーマンがふるさと納税をした時はスマホによる確定申告が利用できます。スマホでは所得控除と税額控除の有利判定を自動で行います。スマホの申告データの保存方法を解説し、還付口座や16歳未満の扶養親族、本人情報・マイナンバーを入力しPDFで保存・印刷する方法まで解説。また確定申告書の添付書類についても解説しています。
e-Tax

スマホによる確定申告書の作成【医療費控除とセルフメディケーション税制の入力】

スマホの確定申告の医療費控除とセルフメディケーション税制の操作・入力方法を解説。平成29年分からスイッチOTC医薬品購入のセルフメディケーション税制が創設されスマホの申告書も医療費控除とセルフメディケーション税制の両方に対応し、有利判定も行います。また、入力方法によって添付書類が異なるため、提出書類についても解説。
e-Tax

スマホによる確定申告書の作成【必要書類の準備と源泉徴収票の入力】

スマートフォン・タブレットによる確定申告はID・パスワード方式で行われ、給与所得の源泉徴収票とマイナンバーカード・マイナンバー通知書及び医療費通知(医療費のお知らせ)と寄附金(ふるさと納税)の受領書が必要です。スマホではsafariかChromeのブラウザを使い、国税庁の確定申告書等作成コーナーを利用します。
e-Tax

スマホによる確定申告書の作成【e-Tax利用の事前準備と注意事項】

平成31年(2019年)からスマートフォンやタブレットで確定申告ができます。ID・パスワード方式でサラリーマン等の年末調整済みの給与所得者で源泉徴収票が1枚、かつ医療費控除か寄附金控除(ふるさと納税)を受ける場合に利用できます。またIDは従来の利用者識別番号とは異なり、税務署で本人確認のうえ発行されます。
テキストのコピーはできません。