税金全般

税金全般

税金の歴史をひもとく!初めて税制を導入したのは本当に卑弥呼(邪馬台国)なのか?

日本で初めて税を実施したのは卑弥呼が支配する邪馬台国だと言われています。中国の歴史書魏志倭人伝にその記述があり信憑性も高いです。ただ日本最古の歴史書である古事記・日本書紀によると別の人物の名前も浮かび上がってきます。ヤマト王権の崇神天皇です。第10代天皇である崇神天皇と卑弥呼、どちらが最初に税制を導入したのでしょうか?
税金全般

ネットで儲けている人は要注意!シェアリングエコノミーへの課税強化対策について

仮想通貨取引、デジタルコンテンツ配信、ネット通販・ネットオークション、アフィリエイト等のネット広告及びシェアリングビジネス・サービスなどを利用しインターネットでお金を稼いでいる人に対する国税庁の対応が強化されます。具体的には、情報収集と分析の強化と申告環境の整備によって課税逃れや無申告者を減らす取り組みが行われます。
税金全般

お酒は産地で決まる!酒類の地理的表示(GI)制度とは?

お酒=土地と言われるように、酒類にとって産地はとても重要です。地理的表示(GI、Geographical Indicationsの略)は、お酒の産地を公的に証するもので国税庁長官が指定します。現在日本では10種類の地理的表示のお酒があり、地域ブランドの保護と消費者の利便性、輸出効果の拡大などを目的に導入されています。
税金全般

税金にも時効はあるの?徴収権の消滅時効と賦課権の除斥期間について

税金の時効制度について分かりやすく解説します。消滅時効と除斥期間の定義と違い、徴収権と法定納期限の意味、時効の中断・延長と援用の意味、形成権及び更正、決定、賦課決定の意味、課税標準申告書とは何か、また民法の時効の定義についても解説。税金の時効は5年で督促状によってリセットされます。除斥期間は3年5年7年9年です。
税金全般

日本の税金は全部で何種類あるか解説します【無駄な税金多すぎ!?】

日本の税金の種類は、全部で何種類あるかご存知ですか?現時点では、国税24種類・地方税22種類の全部で46種類存在します。今回は、日本に存在する税金の種類と、とん税(特別とん税)、水利地益税、共同施設税と宅地開発税及び法定外税、法定外普通税と法定外目的税について解説します。条例の意味についても言及しています。
税金全般

なぜ年俸が大幅に下がってもプロ野球選手は破産しないのか?

プロ野球選手は個人事業主のため、球団からは給与ではなく契約による報酬を貰います。毎年確定申告が必要であり所得税・住民税・消費税が掛かります。しかし年俸が大幅に減った場合には翌年の税金の支払いが厳しくなります。そこで車を買ったり、法人を設立したりして節税します。また将来のことを考えて納税資金をプールしておくのも大事です。
テキストのコピーはできません。