源泉所得税

源泉所得税

給与から源泉所得税を天引きしなかった場合のペナルティと税務調査の内容

従業員に支払う毎月の給与について源泉徴収事務を行うことは、法律で定められた会社の義務として存在します。源泉徴収を怠った場合には、税務調査などによりペナルティが課されますが、今回はその処分の内容を詳しく解説します。また、源泉所得税の税務調査時にポイントとなる項目についても注意点とともに解説しています。
源泉所得税

給与から天引きされる源泉所得税の計算方法と3つのポイントについて

毎月の給与から控除される源泉所得税は課税対象額・扶養親族等の数と源泉徴収税額表を使って求めます。課税対象額は支給額-非課税通勤費-社会保険料で、扶養親族等の数は源泉控除対象配偶者と控除対象扶養親族の合計数です。ただ障害者や寡婦などは数がプラス1されます。この2つを源泉徴収税額表の月額表に当てはめて源泉所得税を計算します。
源泉所得税

令和への改元に伴う源泉所得税の納付書の書き方と記入例

2019年4月1日に平成から令和への改元が発表されました。元号は税金の世界でも広く使われ特に税金の納付書では年度・年分や日にちを記入する欄が設けられています。今回は企業や個人事業者などで頻繁に使用する源泉所得税の記入方法について、改元に伴う年度と支払年月日及び納期等の区分を実際の納付書の図を使用して解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【半年ごとに納付する納期の特例の場合】

毎月の給与に係る源泉所得税は源泉徴収を行った会社が一括して納付しますが、毎月納付と半年納付の2つがあり、今回は半年納付を解説します。具体的には給与に係るもの、賞与に係るもの、日雇労働者に支払う賃金に係るもの、税理士等に支払う報酬に係るもの及び年末調整に係るものの5つのパターンの納付書の記載方法を解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【毎月納付する場合】

毎月の給与に係る源泉所得税は源泉徴収を行った会社が一括して納付しますが、毎月納付と半年納付の2つがあり、今回は毎月納付を解説します。具体的には給与に係るもの、賞与に係るもの、日雇労働者に支払う賃金に係るもの、税理士等に支払う報酬に係るもの及び年末調整に係るものの5つのパターンの納付書の記載方法を解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の書き方と注意点

法人・個人の事業者は給与や報酬の支払で所得税を天引きして支払い、天引きした源泉所得税を税務署に納付します。これを源泉徴収と言い、源泉徴収を行う事業者を源泉徴収義務者と言います。源泉所得税の納期の特例は提出日の翌月の給与から適用されます。記入例や図を用いて源泉所得税の納期の特例を分かりやすく解説します。
源泉所得税

源泉控除対象配偶者、同一生計配偶者及び控除対象配偶者の違いと範囲

平成30年(2018年)から配偶者控除と配偶者特別控除の改正が行われました。源泉控除対象配偶者、同一生計配偶者、控除対象配偶者の3つの区分ができたので、その要件と内容、本人と配偶者の年収・所得・控除額で見た範囲と適用される税制上の優遇措置を一覧表で解説します。源泉徴収の扶養親族等の人数の計算方法も解説しています。
源泉所得税

103万円と150万円の壁!?配偶者控除(配偶者特別控除)の改正について

2018年(平成30年)から年末調整や確定申告の所得税の配偶者控除等が改正されました。今回は配偶者控除の早見表(計算表)を掲載し、103万円と150万円の壁の意味、配偶者控除と配偶者特別控除の簡単な解説及びその違い、事業専従者の意味、この改正で扶養控除は改正されていないことや配偶者本人の税金の影響も解説しています。
源泉所得税

源泉所得税のクレジットカードによる納付方法とそのデメリット

インターネットを利用した税金のクレジットカード納付が開始されました。これからは国税でも可能になります。しかし源泉所得税のクレジット納税はe-Taxソフトを使って電子申告をしなければ利用できません。今回はメリットと併せて、電子申告の方法とそのデメリット、振替納税と窓口でクレカが利用できないデメリットについて解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納付を忘れた場合の延滞税と不納付加算税の取扱い

法人や個人が税金を期限までに納付しなかった場合には、延滞税、利子税、過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税及び重加算税の附帯税が掛かります。延滞税は少しくらい期限が過ぎても大丈夫です。しかし不納付加算税は1日遅れただけでも罰金になります。また不納付加算税には免除規定があります。延滞税の計算方法も掲載しています。
テキストのコピーはできません。