相続税

相続税

揉めない遺産分割!相続した自宅不動産を分ける4つの方法

相続で最もトラブルが多いのが不動産です。不動産は物理的に分割できないため、主な遺産が自宅のみという相続では、その分け方で揉めることが多いのです。不動産を分割相続する方法として現物分割・代償分割・共有・換価分割の4つがありますが、それぞれ一長一短あるため遺産分割協議では専門家と協力して検討・選択することが望まれます。
相続税

相続税の仕組みと計算方法を順序立てて分かりやすく解説します

今回は相続税の税金の計算を自分でするための方法を解説します。相続の財産の範囲、評価・集計方法、基礎控除、遺産分割協議、遺言書、法定相続人、法定相続分の解説、課税遺産総額を使った相続税の総額の計算、納税額の振分け、2割加算や配偶者の税額軽減等の税額控除、相続税額の早見表、非課税財産から土地の評価まで、まとめて解説します。
相続税

相続により取得した土地の路線価・評価倍率による評価方法

相続により土地を取得した場合には相続税評価額の算定が少々複雑になります。今回は自分でできる土地の評価額の計算方法を紹介します。具体的には路線価と評価倍率を使った方法です。固定資産税納税通知書と登記簿謄本が必要です。また角地・準角地や借地権割合、借家権割合による貸家の評価方法や路線価図の見方も解説します。
相続税

【相続税】小規模宅地等の特例の適用要件と計算方法

相続により土地を相続した場合には、小規模宅地等の特例という節税方法を使えることがあります。この特例により相続税の相続財産の評価額を最大80%も減額することができます。今回は小規模宅地等の特例の内容から計算方法、適用要件まで、居住用や事業用、貸付用の場合、配偶者や親族が取得した場合までまとめて解説します。
相続税

相続税における障害者控除の適用要件と計算方法について解説します

障害者控除は所得税や住民税限定ではありません。相続税にも障害者控除があります。相続税の障害者控除は相続税の金額を直接減額する税額控除です。適用要件は相続人が障害者で、日本に住んでおり、85歳未満の法定相続人であることです。控除額の計算方法と控除しきれなかった障害者控除額、二次相続の場合の取扱いも解説しています。
テキストのコピーはできません。