贈与税

贈与税

結婚・子育て資金に係る贈与税の非課税制度について

両親や祖父母が20歳以上50歳未満の子や孫に結婚・子育て資金の贈与をした時は、1,000万円まで非課税になります。但し、使途が結婚・子育て資金限定であり他の用途に使えば非課税でなくなります。2つの資金の範囲・非課税枠・贈与者が死亡した場合の相続税・契約終了事由、受贈者の所得要件などを一覧表で解説しています。
贈与税

教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税制度について

両親や祖父母が子や孫に教育資金の贈与をした時は、一定の要件を満たし一定の手続きを行うことで1,500万円まで非課税になります。但し、使途が教育資金限定であり他の用途に使えば非課税でなくなります。教育資金の範囲・非課税枠・贈与者が死亡した場合の相続税・契約終了事由、受贈者の所得要件などをしっかり把握することが必要です。
贈与税

贈与税の仕組みと計算方法について分かりやすく解説します

今回は贈与税の計算を自分でするための方法を解説します。贈与の定義から暦年課税の特定贈与と一般贈与、税金の計算、定期贈与と相続時精算課税(3年加算)まで、及び相続時精算課税の計算方法と注意点、節税にならない理由などを解説。さらに贈与税の納税義務者、申告期限、各制度のメリット・デメリットや直系尊属・直系卑属も解説しています。
贈与税

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度について

自宅の購入資金として両親から資金の提供を受けた場合には、贈与に該当し贈与税の対象になります。しかし、住宅購入資金の贈与を受けた場合でも、一定の要件を満たせば贈与税の特例制度を使うことができます。この住宅取得等資金の非課税制度は、暦年課税や相続時精算課税と併用するとお得に税金を減らす節税をすることができます。
贈与税

おしどり贈与!夫婦間で贈与があった場合の配偶者控除の特例について

贈与においては夫婦間でマイホームやマイホームの購入資金の贈与があった場合には、配偶者控除の特例を受けることができます。住宅取得等資金の非課税制度と似ていますが、結婚後20年以上経過した夫婦間で自宅用の住宅かその購入資金を贈与した場合の税金の優遇措置になります。この規定の節税効果について相続税も絡めて解説しています。
贈与税

贈与税に関する疑問を解消!ペットに贈与はできますか?親に贈与はできますか?

贈与税の基本的な仕組みと、子供(赤ちゃん、幼児)に贈与をした場合や子供名義の口座に親がお金を積み立てた場合、ペットへの贈与、さらには贈与と認められるための贈与契約書と口座振込の必要性、定期贈与の注意点、また仮想通貨を贈与した場合や法人と個人の間の贈与、子供から親への贈与(仕送り)などについてパターン別に解説します。
テキストのコピーはできません。