会社経営

会社経営

補助金の圧縮記帳制度と助成金との違いについて解説します

補助金と助成金は返済不要・使途自由・後払いという点で共通していますが、支給元・目的・支給条件などが異なります。また税制上補助金は圧縮記帳が可能であり、圧縮記帳の概要についても解説しています。補助金は法人・個人事業の支援と拡大を目的とし、助成金は雇用の均等化と拡大に主眼を置いています。それぞれの所轄省庁も異なります。
会社経営

試用期間中の社会保険(健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険)の加入について

すぐに会社を辞められたら保険料が勿体ないという理由から、試用期間中に社会保険に加入させない企業があります。しかし社会保険の加入は加入要件を満たしているか否かのみで判断するため、試用期間云々は関係ないのです。健康保険などは調査によって指摘される可能性があり、雇用保険は失業保険を巡ってトラブルになることもあります。
会社経営

試用期間を設定する場合の4つの注意点とトラブルの回避方法

従業員の採用にあたって試用期間を設定している会社も多いと思います。しかし試用期間の意味を詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。試用期間を巡っては労使トラブルが起こることも多く、お互いに得にはなりません。そこで試用期間とは?と題して試用期間の定義と解雇・本採用・給与など注意点とトラブル回避方法を解説します。
会社経営

雇用保険の加入手続きを忘れていた場合の対処法とトラブルの可能性

社会保険や雇用保険の手続は過去に遡って行うことができます。雇用保険は最大過去2年の遡及加入が可能です。但し遡及加入では未加入期間の追加保険料を支払う必要があり、労働保険料の申告書を訂正して支払うことになります。また失業保険の給付日数に雇用保険加入期間が関わってくるので、退職者と会社の間でトラブルになる可能性もあります。
会社経営

税金にも時効はあるの?徴収権の消滅時効と賦課権の除斥期間について

税金の時効制度について分かりやすく解説します。消滅時効と除斥期間の定義と違い、徴収権と法定納期限の意味、時効の中断・延長と援用の意味、形成権及び更正、決定、賦課決定の意味、課税標準申告書とは何か、また民法の時効の定義についても解説。税金の時効は5年で督促状によってリセットされます。除斥期間は3年5年7年9年です。
会社経営

小規模企業共済と経営セーフティ共済のメリットとデメリットの比較

小規模企業者や個人事業者が活用できる制度として小規模企業共済と中小企業倒産防止共済があります。今回はこの2つの制度の比較とメリット・デメリットを解説します。具体的にはこれらの節税効果や税金の計算、退職所得と一時所得の違い、繰越欠損金の利用方法、解約金(共済金)や借入の方法とデメリット、掛金の積立方法などを解説します。
会社経営

過剰在庫が会社に与える悪影響とその改善方法について解説します

会社を経営する上で、在庫管理は非常に重要な要素になります。しかし、在庫を過剰に持つことは会社経営に悪影響を及ぼします。そこで今回は、過剰な在庫が会社経営に与える悪影響の仕組みと、その改善方法を解説します。資金繰りの悪化やコストの増加、更には不良在庫問題や、在庫を使った節税方法に関する注意点などにも言及しています。
会社経営

粗利益と粗利率を活用!マークアップ方式を使った売価の設定方法について

マークアップ方式とは商品の原価に一定率の利益を加算する方式です。売上高から売上原価(仕入高)を引いたものを粗利益と言い売上高に占める粗利益の割合が粗利率です。マークアップ方式は原価を粗利率で逆算して売価を設定します。簡単に売価の設定ができますが市場での受け入れや価格競争に合わないなどのデメリットもあります。
会社経営

どっちがお得?住宅手当と社宅家賃補助の節税効果を数字で比較してみました

会社が従業員の住宅費を負担する場合には住宅手当と社宅を借上げて家賃を負担する方法があります。この方法について住宅手当の支給、社宅家賃の一部補助、社宅家賃を基本給から天引きの3パターンで比較。従業員の給与手取額が一番増える方法と会社の税金の節税になる方法及び会社の資金繰りが有利になる方法を比較検証しました。
会社経営

役員貸付金と役員借入金の大きな違い【税務上の問題点と融資との関係】

役員貸付金は税金を計算する際必ず認定利息を計上する必要があり、融資の審査上でも貸付金の回収可能性と不良債権化で問題になります。役員借入金は税務上・融資審査上問題となりません。利息の計上は不要で、審査上もマイナスになりません。認定利息の計上方法や融資の審査におけるポイントから短期貸付金と短期借入金を比較しています。
会社経営

現物給与を知ろう!非課税通勤手当(交通費)を利用した節税方法

現物給与とは現金以外の物で支給する給与です。現物給与である通勤手当を利用すれば会社では経費として税金の節税になり、従業員は非課税給与として年収に含まれず所得税が掛かりません。また何故通勤手当が現物給与になるのか、通勤手当の非課税限度額の一覧表、会社と社員のメリット・デメリット、徒歩や自転車の場合も解説しています。
会社経営

前期と比較するだけ!簡単で役に立つ経営分析方法をお教えします

経営分析は簡単にできます。まずは毎月の試算表(貸借対照表と損益計算書)を見る癖をつけるところから始めましょう。複雑な計算式や比率など使う必要はありません。必要なのは前年同月の数字が分かる資料だけです。具体的には、前期比較残高試算表の損益計算書を使います。損益計算書の数字を比較するだけで簡単に経営分析ができる方法を解説します。
会社経営

経営者に税金の知識は必要ですか?中小企業のマーケティングについて

中小企業の経営者は法人税の計算方法など知る必要ありません。税金に関しては会社が支払う税金の種類、税金の申告・納付時期、税金の金額の予測ができれば十分です。経営者は会社のマーケティングに注力すべきでマーケティング能力が会社の成績を左右します。マーケティングとはモノが売れる仕組みで和菓子屋のマーケティングを例に解説。
テキストのコピーはできません。