譲渡所得

譲渡所得

マイホームの売却損失が出た場合に適用できる特例税制について解説します

自宅の土地・建物を売って譲渡損が出た場合には、損益通算と繰越控除が適用できます。但し、新居などの買換資産を購入し住宅ローンを組んでいるか、売却した自宅の住宅ローンが残っている場合に適用できます。損益通算とは利益と損失を相殺(控除)することで、繰越控除は控除しきれなかったマイナスを翌年に繰り越すことを言います。
譲渡所得

源泉徴収あり?なし?上場株式等の特定口座制度について解説します

有価証券など金融商品の税制、特定口座について解説します。源泉徴収口座と簡易申告口座、一般口座の違いや特徴、源泉徴収ありの口座の源泉徴収(納税)の仕組みと、確定申告をする場合・確定申告不要の場合の解説など。また源泉徴収口座への配当等の受入れや損益通算(相殺)、譲渡損失の3年間の繰越控除も解説。専門用語も解説しています。
譲渡所得

株式等の売却に係る譲渡所得と税金の計算方法【上場株式等と一般株式等】

有価証券の譲渡では上場株式等は一定の配当所得と損益通算・繰越控除ができます。株式等は申告分離課税により20.315%の税率で課税されます。上場株式等とは取引所の上場株式や公募の投資信託、特定公社債等が該当し、一般株式等は非上場株式や私募による投資信託、一般公社債等が該当します。上場株式等と一般株式等は別々に計算します。
譲渡所得

長期譲渡所得と短期譲渡所得の範囲と区分【譲渡資産の所有期間の判定方法】

長期・短期譲渡所得とは資産の取得日から譲渡日までの期間が5年超(5年以内)かどうかで判定します。土地建物等の譲渡と総合課税の譲渡が対象で、株式等の譲渡は含みません。土地建物等は取得日の翌日から、総合課税の資産は取得日から起算します。取得日・譲渡日は原則資産の引渡し日で、売買契約による効力発生日等とすることもできます。
譲渡所得

譲渡所得における総合課税と申告分離課税について解説します

所得税の計算方法は総合課税と分離課税に分かれ、分離課税は源泉分離課税と申告分離課税に分かれます。譲渡所得は土地・建物の譲渡と株式等の譲渡が申告分離課税になり、それ以外譲渡所得は全て総合課税です。総合課税は8種類の所得を全て合算して一律の所得税率を乗じますが、申告分離課税は合算せず個別に特別な税率を乗じて計算します。
譲渡所得

モノを売って儲けたら税金が掛かります!所得税における譲渡所得とは?

物を売って利益を得たら税金が掛かります。これを資産の譲渡による所得といい確定申告が必要です。所得税には利子・配当・不動産・事業・給与・退職・山林・譲渡・一時・雑の10種類の所得があり資産の譲渡の利益は譲渡所得です。但し、物の売却による利益でも他の所得になるものもあり、更に非課税とされ税金が掛からない譲渡もあります。
譲渡所得

3,000万円控除!マイホームの売却利益が出た場合の特例税制について

自宅を売った時には新しく住む新居を買換えるのが普通だと思います。この場合、確定申告で税制上の優遇措置(特例)を適用することができます。今回は、自宅を売却した場合の節税方法として、3,000万円の特別控除と長期所有の軽減税率の特例及びマイホームの買換えの特例について、適用要件や税金の計算方法を分かりやすく解説します。
譲渡所得

マイホーム売却時の税金について基本的な計算方法を解説します

自宅を売却して利益が出ると税金が掛かり確定申告が必要です。住宅の譲渡所得は売却収入から取得費と諸費用を引き利益・損失を計算します。売却収入には固定資産税・都市計画税の精算金も含まれ、取得費は減価償却をします。原則・特例の取得費の計算方法、土地建物一括購入、購入・売却諸費用の具体例、減価償却方法、申告分離課税など解説。
テキストのコピーはできません。