年末調整

年末調整

【2019年(令和元年)分】所得税の扶養控除額・障害者控除額一覧表

扶養控除とは一定の扶養親族がいる場合に所得控除という優遇措置が受けられる制度で、同じく障害者控除も一定の障害者が適用できる税制上の優遇措置です。これらを適用すると年末調整や確定申告の税金を少なくすることができますので、今回は、年齢別・区分別(同居・非同居・障害の有無)の扶養控除と障害者控除の一覧表を掲載します。
年末調整

扶養控除・扶養親族等の判定方法を9つの個別事例を用いて解説します

税金の扶養控除・扶養親族には要件があるため、個別事例として内縁の妻とその子供、認知の時期の判定、親権者の届出の有無、再婚した妻の連れ子、養子縁組と扶養の関係、離婚後の養育費負担、扶養親族が死亡した場合、死亡した妻の親の扶養、帰化していない外国人との結婚の9項目について具体的な扶養親族の判定方法を図で解説します。
年末調整

扶養親族に該当するための4つの要件を詳細に解説しました

扶養控除を受けるには扶養親族である必要があります。扶養親族はその年の12月31日時点で6親等内の血族及び3親等内の姻族又は里子や市町村長から養護を委託された老人であること、生計を一にしていること、合計所得金額が38万円以下であること、青色事業専従者給与を貰っていない又は白色事業専従者控除を受けていないことが要件です。
年末調整

生命保険料控除の計算方法と有利選択の方法について解説します

年末調整や確定申告の税金の所得控除として生命保険料控除があります。適用要件、控除額の計算方法と所得控除の意味などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度、旧制度の区別があります。特に新契約と旧契約の両方がある場合の有利判定の方法も計算例を交えて解説しています。
年末調整

保険料控除申告書の書き方と控除額の計算方法を図を用いて解説しました

年末調整の税金(所得税・住民税)の所得控除として生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除及び小規模企業共済等掛金控除があります。国民健康保険の取扱や保険等の種類などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度旧制度の区別があり、地震保険は旧長期損害保険があります。
年末調整

源泉徴収票の見方と書き方を分かりやすく解説しました

源泉徴収票は年末調整終了後会社が発行し確定申告や転職・退職後に必要です。年収や給与所得、所得控除、源泉徴収税額や控除対象配偶者、扶養親族、障害者、寡婦、寡夫、勤労学生、乙欄、災害者や入社日・退職日も記載されます。住宅ローン控除額や年末残高等も載り、退職者は年調未済になります。従たる給与と主たる給与の意味も解説。
年末調整

年末調整必須書類!配偶者控除等申告書の書き方と記入例

平成30年(2018年)の改正で年末調整の税金の配偶者控除、配偶者特別控除を受ける人は給与所得者の配偶者控除等申告書が必要です。図解と記載例で独身者・専業主婦・共働き等提出不要と必要な人、提出義務、税務署名、本年中の合計所得金額(見積額)計算方法、給与所得と給与所得控除額、国外居住配偶者、控除額の計算方法を解説します。
年末調整

所得税法 別表第5【年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表】

年末調整や給与所得の金額の算出に使用する、所得税法別表第5年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表です。
年末調整

平成31年(2019年)分扶養控除等申告書の書き方を記入例つきで解説します

年末調整の税金精算と給与の源泉所得税に扶養控除等申告書は必須です。図解と記載例で税務署名や市区町村名、個人番号、マイナンバー、源泉控除対象配偶者、16歳以上・未満の扶養親族、国外扶養親族、老人扶養親族と特定扶養親族、障害者、寡婦・特別の寡婦・寡夫、勤労学生、提出期限、他の所得者が控除を受ける扶養親族等を解説。
テキストのコピーはできません。