税金

法人税

短期前払費用の特例を使った節税方法とそのデメリット

短期前払費用の特例を使った税金の節税を、家賃を例に解説します。短期前払費用は、一定の契約に従って継続的にサービスの提供を受けるもの、支払日から1年以内にサービスの提供を受けるもの、継続的に適用するもの、費用と収益が対応していないもの(重要性が乏しいもの)、及び当期中に支払いをしたものの5要件を満たす前払費用を言います。
法人税

未払費用を使った節税方法とそのデメリットについて解説します

インターネットでも税金の節税情報が飛び交っていますが、小規模な中小企業や個人事業者の節税は、簡単にできて現金の流出を伴わない事が大事です。今回は固定資産税、社会保険料、給与・賞与で未払費用を利用した節税方法を紹介します。同時にこの節税方法は継続使用や未払費用計上初年度のみ有効などのデメリットがあります。
個人住民税・事業税

退職金に掛かる税金(所得税・住民税)の計算方法を分かりやすく図解します

転職でも定年退職でも退職後の生活や税金の支払いに頼れるのが退職金です。退職金には所得税と住民税が掛かり天引きされます。今回は退職所得の受給に関する申告書の書き方、提出の有無、勤続年数による退職所得控除額の計算方法、退職所得金額の計算方法及び退職金に掛かる所得税と住民税の税率や計算方法を具体例を使って解説します。
法人税

出張手当(日当)と旅費規程を利用した節税方法について

出張手当は会社の経費として税金の節税になり出張者にとっても所得税の課税対象になりません。しかし出張手当の節税には旅費規程が必ず必要です。今回は出張手当と出張旅費の違い、実費精算、出張手当・日当を使った節税方法の具体例・図解、会計仕訳、旅費規程及び海外旅費規程のサンプルと作成方法、出張旅費精算書も解説しています。
源泉所得税

103万円と150万円の壁!?配偶者控除(配偶者特別控除)の改正について

2018年(平成30年)から年末調整や確定申告の所得税の配偶者控除等が改正されました。今回は配偶者控除の早見表(計算表)を掲載し、103万円と150万円の壁の意味、配偶者控除と配偶者特別控除の簡単な解説及びその違い、事業専従者の意味、この改正で扶養控除は改正されていないことや配偶者本人の税金の影響も解説しています。
法人税

法人税の納付額と消費税の還付額は相殺できますか?

税金の確定申告において法人税の納付額と消費税の還付額は相殺できるのでしょうか。実は税金は国税同士又は地方税同士であれば相殺できます。国税は法人税と消費税、所得税と消費税などは相殺可能です。但し税務署に国税の充当申出書を提出する必要があります。地方税は都道府県民税同士、又は市町村民税同士であれば相殺できます。
法人税

どちらが有利?合同会社と株式会社を税金の面から比較してみた

合同会社も株式会社も税制上は同じ普通法人です。税務上の違いは全くありません。税金の種類も税率も同じです。税金の面では合同会社にメリットはありません。但し合同会社は設立費用が安くて済みます。起業する際にはメリットになります。登録免許税が安く定款の認証も不要です。しかし株式会社に比べて社会的な信用度は低くなります。
地方税

従業員が退職をした場合の住民税の手続きについて解説します

転職が当たり前の時代、従業員が退職した場合には税金の手続が必要になります。普通徴収の住民税は手続不要ですが特別徴収は会社で手続します。住民税の異動届の書き方も解説。退職日が5月までと6月からで処理が変わり、一括徴収やすぐに転職する場合の手続も解説。退職者の源泉徴収票や給与支払報告書の作成・提出も必要です。
申告所得税

不動産投資が節税にならない2つの大きな理由について解説します

アパートやマンション、駐車場の賃貸経営は税金の節税方法がほぼありません。サラリーマンの給与所得と不動産所得の損失を通算(相殺)する方法が節税になると言われますが節税にはなりません。無理に行うと脱税・資金繰り悪化を引き起こします。又減価償却も節税にはなりません。所得税は減価償却が義務のため節税の効果はありません。
申告所得税

個人が駐車場を経営する場合の税制上のデメリットについて解説しました

サラリーマンの副業で不動産投資や駐車場経営が増えています。しかし個人の駐車場経営は税制上のデメリットが大きいです。事業所得ではなく不動産所得になること、経費の範囲が狭いため節税方法が限られていること、青色申告特別控除の65万円ではなく10万円になってしまうことなどです。消費税の益税が唯一のメリットと言えます。
申告所得税

世帯分離と税金(所得税、住民税)の扶養控除は別物です

介護費用を減らすために世帯分離をするケースが増えています。世帯分離とは一つの住民票に登録された世帯を複数の住民票に分けることを言います。世帯分離と税法の扶養家族の判定は関係ありません。生計を一にしている、所得が38万円以下等の要件を満たせば扶養親族になれます。尚判定に迷った時の確定申告方法も解説しています。
申告所得税

シングルマザーと寡婦、シングルファザーと寡夫の違いを税制面から解説

寡婦、寡夫に該当する場合、確定申告や年末調整で税金を計算する際、寡婦控除(寡夫控除)を受けられます。但し未婚の母は寡婦には該当しません。また寡婦には特別の寡婦の規定もあります。寡婦(寡夫)に該当すれば所得税の所得控除や住民税の減免制度も利用できます。扶養控除等申告書で自己申告すれば済むので活用してください。
法人税

経費にできる!?個人名義の車両を法人の所有車として使用する方法

社長名義の車を会社で使い経費を計上することはできません。税金対策として税務調査で否認されます。個人から法人への売却や実質所得者課税の原則の意味、税法の名義と実質の関係、売却価格の決定方法、査定や市場価格、簿価の取扱い、合意書や覚書の作成方法と注意点、無償貸付の使用貸借や有償貸付の賃貸借による使用の概要などを解説します。
源泉所得税

源泉所得税のクレジットカードによる納付方法とそのデメリット

インターネットを利用した税金のクレジットカード納付が開始されました。これからは国税でも可能になります。しかし源泉所得税のクレジット納税はe-Taxソフトを使って電子申告をしなければ利用できません。今回はメリットと併せて、電子申告の方法とそのデメリット、振替納税と窓口でクレカが利用できないデメリットについて解説します。
法人税

社内の横領が発覚した場合の過少申告加算税と重加算税の取扱い

社内で起こった横領については延滞税や無申告加算税などの罰金としての税金(附帯税)が課される場合があります。今回は横領があった場合の過少申告加算税と重加算税の計算と税務調査との関係、自主的に修正申告をした場合や附帯税や横領を回避する方法について解説します。なぜ税務署は重加算税が好きなのかについても言及します。
源泉所得税

源泉所得税の納付を忘れた場合の延滞税と不納付加算税の取扱い

法人や個人が税金を期限までに納付しなかった場合には、延滞税、利子税、過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税及び重加算税の附帯税が掛かります。延滞税は少しくらい期限が過ぎても大丈夫です。しかし不納付加算税は1日遅れただけでも罰金になります。また不納付加算税には免除規定があります。延滞税の計算方法も掲載しています。
地方税

ポイントは償却資産税?地方税における税務調査の仕組みと注意点を解説します

税務調査は国税の税金だけではなく地方税についても行われます。地方税の税務調査は税務署ではなく各都道府県事務所や市区町村が行います。地方税の調査の対象は、償却資産税か事業所税になります。地方税の調査は強制ではなく任意ですが実質拒否することはできません。償却資産税の税務調査があった場合の注意点を解説しています。
申告所得税

ネットの情報は間違いだらけ!?カジノの税金と一時所得の計算方法について

インターネットのオンラインカジノに係る税金は競馬や競輪、パチンコなどと同様に所得税の一時所得の対象です。IRが建設されればカジノ解禁と共にカジノで勝ったお金にも税金が掛かることになります。今回はマカオと比較した現状のカジノ税、一時所得の間違った計算方法と正しい計算方法、はずれ馬券の税務上の扱いなどについて解説します。
消費税

消費税が掛かる?掛からない?その判定方法をお教えします

サラリーマンの給料に消費税が掛からないのはなぜ?課税の対象になる4つの要件国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等の意味から、不課税、非課税、免税、課税に至るまでの消費税の判定方法を解説します。また、非課税の限定列挙17項目と輸出取引の免税規定、消費税のクイズ、不課税、非課税と免税の違いも解説。
贈与税

贈与税に関する疑問を解消!ペットに贈与はできますか?親に贈与はできますか?

贈与税の基本的な仕組みと、子供(赤ちゃん、幼児)に贈与をした場合や子供名義の口座に親がお金を積み立てた場合、ペットへの贈与、さらには贈与と認められるための贈与契約書と口座振込の必要性、定期贈与の注意点、また仮想通貨を贈与した場合や法人と個人の間の贈与、子供から親への贈与(仕送り)などについてパターン別に解説します。
テキストのコピーはできません。