税金

贈与税

おしどり贈与!夫婦間で贈与があった場合の配偶者控除の特例について

贈与においては夫婦間でマイホームやマイホームの購入資金の贈与があった場合には、配偶者控除の特例を受けることができます。住宅取得等資金の非課税制度と似ていますが、結婚後20年以上経過した夫婦間で自宅用の住宅かその購入資金を贈与した場合の税金の優遇措置になります。この規定の節税効果について相続税も絡めて解説しています。
相続税

相続税の仕組みと計算方法を順序立てて分かりやすく解説します

今回は相続税の税金の計算を自分でするための方法を解説します。相続の財産の範囲、評価・集計方法、基礎控除、遺産分割協議、遺言書、法定相続人、法定相続分の解説、課税遺産総額を使った相続税の総額の計算、納税額の振分け、2割加算や配偶者の税額軽減等の税額控除、相続税額の早見表、非課税財産から土地の評価まで、まとめて解説します。
相続税

路線価・評価倍率による相続で取得した土地の評価方法について解説します

相続により土地を取得した場合には相続税評価額の算定が少々複雑になります。今回は自分でできる土地の評価額の計算方法を紹介します。具体的には路線価と評価倍率を使った方法です。固定資産税納税通知書と登記簿謄本が必要です。また角地・準角地や借地権割合、借家権割合による貸家の評価方法や路線価図の見方も解説します。
相続税

【相続税】小規模宅地等の特例の適用要件と計算方法

相続により土地を相続した場合には、小規模宅地等の特例という節税方法を使えることがあります。この特例により相続税の相続財産の評価額を最大80%も減額することができます。今回は小規模宅地等の特例の内容から計算方法、適用要件まで、居住用や事業用、貸付用の場合、配偶者や親族が取得した場合までまとめて解説します。
消費税

輸出企業は本当に消費税の還付金で得をしているのか検証してみました

消費税増税時には軽減税率や経過措置、価格転嫁、請求書等の変更があります。しかし一部の輸出企業では増税による還付金増加がメリットになると言われています。消費税の還付の仕組みと本当に輸出事業者は消費税の還付で得をしているのか、消費税の還付を受ける際の注意点をトヨタ自動車と輸出許可書、課税期間の短縮も絡めて解説します。
印紙税

領収書だけじゃありません!印紙税の対象文書と金額について解説します

契約書や領収書には印紙税が課されます。印紙税は指定された金額の収入印紙を文書に貼り付けて納付します。第17号文書が中心ですが、不動産売買、金銭消費貸借、工事の請負、売上の領収書、代理店、業務委託、手形、株式、定款など印紙税の基礎知識と課税文書、納付と納税・還付、節税の方法まで分かりやすく解説します。
消費税

外食に係る消費税の軽減税率について個別事例により解説しました

消費税軽減税率の対象品目のQ&Aです。外食中心です。社員食堂?学食?給食?屋台?コンビニ?イートイン?持ち帰り?店内飲食?マクド?折り詰め?立ち飲み屋?フードコート?移動販売?新幹線のワゴン販売?野球場のビール?映画館のポップコーン?カラオケ?旅館・ホテル?バーベキュー?ケータリング?ピザの宅配?など詳しく解説。
法人税

赤字を黒字に!役員報酬と役員借入金を使った繰越欠損金の有効利用

法人の赤字の金額(欠損金)は、翌期以降に繰り越すことができます。この繰越欠損金は会社の利益が黒字になった場合にその黒字と相殺することができます。今回はこの繰越欠損金を利用した節税のための役員給与と役員借入金を使って会社の利益を黒字にする方法を解説します。尚、役員給与を変更する場合の注意点にも言及しています。
法人税

30万円未満の少額減価償却資産の特例と中小企業投資促進税制について

今回は小規模な中小企業や個人事業者に是非活用して欲しい設備投資に係る税金の優遇措置を紹介します。具体的には30万円未満の少額減価償却資産の特例と中小企業投資促進税制の2つの節税方法です。今回は特別償却と税額控除の計算方法、どちらが有利かの比較、繰越方法、30万円未満の判定や税制の仕組と要件まで詳細に解説します。
申告所得税

配当金に掛かる税金と確定申告の要否の判定方法について詳しく解説します

株式等の配当金に掛かる税金は、基本的には確定申告をする必要はありません。しかし、確定申告をすると税制上の優遇措置(配当控除・損益通算)が受けられる場合があります。今回は、株式投資に係る配当金の税金について、確定申告をした場合に受けられる優遇措置の内容と、確定申告の要否の具体的な判定方法をについて解説します。
申告所得税

総所得金額とは?所得税における難解な専門用語について解説します

今回は、税金の専門用語を解説します。具体的には、総所得金額、合計所得金額、総所得金額等、課税総所得金額、課税総所得金額等及び所得控除についてその意味と定義を解説します。また、所得税計算上の、所得の種類や損益通算、繰越控除の一覧も掲載しています。
個人住民税・事業税

個人住民税の減額・免除を受けるための要件と手続について解説します

税金は基本的に免除されません。しかし地方税の個人住民税は減免される場合があります。減免制度の手続方法とその適用条件、申請方法等を解説します。生活保護を受けている、失業した場合、所得が大幅に減少した、障害者、未成年、寡婦寡夫に該当する、災害による被害を受けた場合です。今回は大阪市の減免制度を例にして解説しています。
消費税

個別事例で解説!飲食料品に係る消費税の軽減税率の適用について

消費税軽減税率の対象品目のQ&Aです。家畜や活魚を売ったら?インターネット通販の食品は?自動販売機は?食品の輸入は?野菜の種や苗木は?氷の販売は?賞味期限切れ?料理用のワインや調味料は?みりんや料理酒は?ノンアルコールビールは?健康食品、栄養ドリンクやトクホ?潮干狩り?食品の送料は?ペットフードは?など詳細に解説。
消費税

区分記載請求等保存方式における請求書の作成方法

消費税の増税に伴う軽減税率や経過措置の実施とともに帳簿や請求書などの記載、保存方法が改正されます。増税の目玉である適格請求書等保存方式(インボイス方式)が導入される前に区分記載請求書等保存方式が導入されます。そこで今回は具体的な図解を使って区分記載請求書等保存方式における請求書の書き方と注意点等を解説します。
申告所得税

本当に恐ろしい!税金の滞納から差し押さえまでを完全解説

税金の滞納は最悪財産が差し押さえられます。滞納処分と呼ばれます。また滞納すると罰金附帯税が掛かります。差し押さえは滞納後に、督促状による督促、催告、最終催告、財産調査・身辺調査を経て差し押さえ、差押登記、差押通知、インターネットによる公売などが行われます。また国税徴収官と国税査察官(マルサ)、国税調査官の違いも解説。
申告所得税

国外居住親族に係る扶養控除の適用条件と手続方法について

年末調整や確定申告では外国に住む扶養家族について親族関係書類と送金関係書類を会社、日本年金機構、税務署及び市区町村へ提出する必要があります。国外居住親族は所得税・住民税の扶養控除、配偶者(特別)控除と障害者控除を受けることができます。適用要件や提出書類の内容、扶養控除等申告書の記載方法について解説します。
相続税

相続税における障害者控除の適用要件と計算方法について解説します

障害者控除は所得税や住民税限定ではありません。相続税にも障害者控除があります。相続税の障害者控除は相続税の金額を直接減額する税額控除です。適用要件は相続人が障害者で、日本に住んでおり、85歳未満の法定相続人であることです。控除額の計算方法と控除しきれなかった障害者控除額、二次相続の場合の取扱いも解説しています。
法人税

法人税と地方税の予定申告(中間申告)の計算方法について

法人が納める主な税金として法人税、消費税、地方税があり、これらに共通するのは中間申告制度です。中間申告は前期の納税額が一定額以上であれば基本的に年1回税金の前払いをする制度です。この中間申告には予定申告と仮決算による中間申告の2種類があり計算方法が異なります。法人税・住民税・事業税の中間申告の計算方法を解説します。
消費税

消費税の軽減税率の対象品目とその範囲について解説します

令和元年(2019年)10月の消費税10%の増税に伴う軽減税率の対象品目は外食・酒類・医薬品を除く全ての飲食料品、インターネット通販、イートイン、ケータリング、テイクアウト、宅配などで、Q&Aも掲載しています。その他経過措置や区分請求書の改正も行われます。軽減税率の対象食品に該当する範囲や判定方法について解説します。
申告所得税

所得税と住民税における障害者控除の手続きについて

年末調整や確定申告で障害者は税金の優遇措置が受けられます。この障害者控除について一般の障害者と特別障害者、同居特別障害者の区分、扶養控除等申告書の記載方法、障害者手帳の提出不要、同一生計配偶者及び扶養親族の意味、障害者控除の金額や適用要件、確定申告書第一表、第二表の記載方法、添付書類の必要性について解説します。
テキストのコピーはできません。