税金

申告所得税

サラリーマンにも経費があるの?給与所得者の特定支出控除制度について

サラリーマン等の給与所得者は所得税の確定申告で特定支出控除を適用できます。通勤費・転居費・研修費・資格取得費・帰宅旅費・勤務必要経費の6つの特定支出が要件で給与所得の1/2を超える部分が控除できます。会社から給与所得者の特定支出控除に関する証明書を貰い特定支出に関する明細書を作成・添付する必要があります。
申告所得税

所得税・個人住民税の外国税額控除制度について

日本と外国の税金の二重課税を防ぐ目的で確定申告において所得税、復興特別所得税及び個人住民税の外国税額控除が設けられています。この制度は外国所得税の控除限度額が設定され、控除限度額を超えるか超えないかで繰越控除も存在します。この制度の適用要件や控除限度額の計算方法及び2つの繰越控除制度の内容について解説します。
消費税

リース取引(借手側)に係る消費税の経過措置について

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。リース取引について借り手側から解説。経過措置の対象となるのは賃貸借処理をするオペレーティングリース取引と所有権移転外ファイナンスリース取引で、売買取引及び金融取引の所有権移転ファイナンスリース取引とセールアンドリースバック取引は対象外です。
法人税

リース取引に係る税務上の分類方法と仕訳方法について解説します

リース取引の会計処理を分かりやすく図解と仕訳で解説。ファイナンスリース取引とオペレーティングリース取引及びセールアンドリースバック取引の区分方法。それぞれ法人税の税金計算では売買取引、賃貸借取引及び金銭の貸借取引として処理します。また所有権移転と所有権移転外ファイナンスリース取引で減価償却方法が異なります。
消費税

消費税増税後の適用税率の判定方法と経過措置の適用要件

軽減税率や請求書改正と共に実施される経過措置と増税後の8%と10%の税率の適用・判定方法、Q&A及び旅客運賃、電気・通信料金、工事の請負契約、資産の貸付け、指定役務、定期購読、予約販売、特定新聞、通信販売、老人ホーム、家電リサイクル法の経過措置、出荷基準と検収基準、商品の返品、決算締切日の特例、1年間の保守契約を解説。
消費税

電気料金等と通信料金に係る消費税の経過措置について

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。電気・ガス・上下水道料金、電話、携帯電話、スマホ、インターネット、Wi-Fi及びCATVなどの通信料金の経過措置のQ&Aと適用要件、灯油、温泉、貸しビルのテナントから受取る電気代、プロパンガス、定額料金と従量料金、多段階定額制について解説。
消費税

工事等の請負契約に係る消費税の経過措置について

消費税10%の増税に伴い軽減税率や請求書の改正、経過措置が実施されます。建築・工事・製造等の請負契約に係る経過措置のQ&Aと適用要件、請負工事の範囲や追加工事がある場合、着工日、契約書が無い場合、下請け、完成引渡しが無い場合、一戸建て住宅やマンションの購入、工事の材料や外注費の仕入など事例ごとに解説します。
消費税

インターネット販売(通信販売)に係る消費税の経過措置について

消費税10%への増税に伴い軽減税率や請求書の改正、経過措置が実施されます。インターネットなど通信販売の税金の経過措置についてQ&Aと適用要件、送料の経過措置、消費税を計上するタイミングと問題点、経過措置の内容、条件提示の意味と販売方法、更に多くのインターネット販売が経過措置の対象にならない理由を解説します。
消費税

旅客運賃・乗車券等に係る消費税の経過措置について

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。電車、バス、航空機、乗船券、出張、チケット、施設入場料、回数券や乗車券、定期券の旅客運賃等のQ&Aと適用要件、ICカード、クレジットカード、ディナーショー、チケットレスサービス、プラン変更によるアップグレードとダウングレードなど詳しく解説。
消費税

不動産の賃貸借(家賃)に係る消費税の経過措置について

消費税10%への増税で軽減税率や請求書の改正、経過措置が実施されます。土地・建物等の賃貸の経過措置について貸付けの経過措置のQ&Aと適用要件、賃貸借契約書の文言、契約自動更新、家賃の変更、途中解約、税率変更の記載、解約条項などを解説します。又消費税の経過措置は選択適用ではなく強制適用であることも解説しています。
消費税

いつまで免税?法人に係る消費税の納税義務の判定方法について解説します

税金の納税義務の判定、特に消費税の納税義務の判定は重要です。今回は基準期間、特定期間の解説、課税売上高と給与支払額の定義と計算方法、課税事業者・免税事業者の意義、1年未満の基準期間の判定、設立1期目2期目で必ず免税事業者になる方法、資本金1千万円の基準、大企業の子会社の定義、調整対象固定資産などについて解説しています。
消費税

開業2年目までは免税ですか?個人事業者に係る消費税の納税義務の判定方法

税金の納税義務の判定、特に消費税の納税義務の判定は重要です。今回は基準期間、特定期間の解説、課税売上高と給与支払額の定義と計算方法、課税事業者・免税事業者の意義、アフィリエイト報酬の消費税及びGoogleアドセンスの消費税の取扱い、開業日による節税方法、開業1年目、2年目、3年目以降の納税義務を解説しています。
法人税

海外出張旅費規程のサンプル

出張手当や日当を支給する場合に必要な、国外の出張旅費規程の見本(雛形)です。
法人税

出張旅費規程のサンプル

出張手当や日当を支給する場合に必要な、国内の出張旅費規程の見本(雛形)です。
地方税

ポイントは対象範囲の把握!償却資産税の仕組みと計算方法について

償却資産税は固定資産税の1つで市区町村が課す地方税です。土地・建物・自動車以外の償却資産が対象で30万円未満の少額資産も含みます。又150万円未満は非課税になります。税額計算は自治体が行う賦課課税ですが、償却資産の申告が必要です。償却資産税の仕組みと計算方法を課税標準や減価率、耐用年数を使って解説しています。
関税

輸入に係るたばこ税の免税範囲と課税範囲について解説します

海外からの輸入に係る税金として関税、消費税、たばこ税などがあります。このうちたばこ税は2018年(平成30年)10月1日に改正されました。これにより輸入たばこの免税範囲が変更されました。紙巻・葉巻・加熱式と全ての範囲が改正されています。また、携帯・別送、国際郵便で適用税率が変わります。これらの内容を詳しく解説します。
関税

輸入品にも税金は掛かります!輸入消費税の仕組みと計算方法について

インターネットで海外から簡単に商品を購入できる時代です。海外品の購入は輸入に該当し税金が掛かります。関税以外にも消費税が課税されます。この輸入消費税について、なぜ消費税が掛かるのか、保税地域や外国貨物の意味、納税義務者、申告・納税方法、税金の計算方法と具体例、1万円以下の免税、仕入税額控除など分かりやすく解説します。
関税

関税の仕組みと計算方法について個人輸入から免税まで完全解説します

関税の計算方法を解説します。インターネットで海外商品を購入するのが当たり前の時代です。インボイスや税関・通関の意味、CIF価格や個人使用の6割掛け、事前教示制度、輸入禁止品や通関業者の説明、税金の申告と納税、一般税率と簡易税率の計算方法、20万円以下の少額輸入品の免税、たばこやお酒の免税など分かりやすく解説します。
贈与税

贈与税の仕組みと計算方法について分かりやすく解説します

今回は贈与税の計算を自分でするための方法を解説します。贈与の定義から暦年課税の特定贈与と一般贈与、税金の計算、定期贈与と相続時精算課税(3年加算)まで、及び相続時精算課税の計算方法と注意点、節税にならない理由などを解説。さらに贈与税の納税義務者、申告期限、各制度のメリット・デメリットや直系尊属・直系卑属も解説しています。
贈与税

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度について

自宅の購入資金として両親から資金の提供を受けた場合には、贈与に該当し贈与税の対象になります。しかし、住宅購入資金の贈与を受けた場合でも、一定の要件を満たせば贈与税の特例制度を使うことができます。この住宅取得等資金の非課税制度は、暦年課税や相続時精算課税と併用するとお得に税金を減らす節税をすることができます。
テキストのコピーはできません。