税金

法人税

法人の決算締切日の特例についてメリットとデメリットを解説します

法人の決算は事業年度を単位に計算され、期末までの全ての収益と費用を計上するのが原則です。但し、商慣行その他相当の理由、締切日が決算日の概ね10日前まで及び毎期継続して適用するの3要件を満たせば、請求書の締切日を決算日とする特例が適用できます。尚、節税効果として大幅な節税は見込めず、変更初年度しか節税効果がありません。
源泉所得税

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【半年ごとに納付する納期の特例の場合】

毎月の給与に係る源泉所得税は源泉徴収を行った会社が一括して納付しますが、毎月納付と半年納付の2つがあり、今回は半年納付を解説します。具体的には給与に係るもの、賞与に係るもの、日雇労働者に支払う賃金に係るもの、税理士等に支払う報酬に係るもの及び年末調整に係るものの5つのパターンの納付書の記載方法を解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【毎月納付する場合】

毎月の給与に係る源泉所得税は源泉徴収を行った会社が一括して納付しますが、毎月納付と半年納付の2つがあり、今回は毎月納付を解説します。具体的には給与に係るもの、賞与に係るもの、日雇労働者に支払う賃金に係るもの、税理士等に支払う報酬に係るもの及び年末調整に係るものの5つのパターンの納付書の記載方法を解説します。
申告所得税

海外に住む人が日本の不動産を売却又は賃貸した場合に掛かる税金について

外国に住む日本人を非居住者といい国内で得た所得(利益)に対してのみ所得税が課されます。日本にある不動産を売った時は源泉徴収され申告分離課税による確定申告が必要です。不動産を賃貸した場合には家賃から源泉徴収され総合課税による申告が必要です。また恒久的施設を有するかどうかで申告方法が変わり、原則住民税は掛かりません。
消費税

消費税の免税店(TAX FREE SHOP)と輸出免税取引の仕組みについて

日本からの輸出品は消費税が免除されます。消費税法に規定する輸出取引に該当し一定の書類を保存することが要件になります。免税は消費税の税率が0%という意味です。また街中にある免税店はTAX FREE SHOPで消費税のみが免税になり、空港にある免税店はDUTY FREE SHOPで関税やたばこ税・酒税も免除されます。
消費税

消費税の非課税取引のうち政策的配慮によるもの9項目について解説します

消費税10%の増税が迫っていますが非課税規定に該当する取引は消費税が掛からないため増税の影響を受けません。消費税の非課税は17個の限定列挙からなり、うち社会保険医療、介護保険・社会福祉事業サービス、助産、火葬料・埋葬料、身体障碍者用物品の譲渡・貸付け、学校の入学金や授業料、教科書の購入、住宅の貸付けについて解説します。
消費税

消費税の非課税取引のうち取引の性格上非課税になるもの8項目について解説します

消費税10%への増税が迫っていますが非課税規定に該当する取引は消費税が掛からないため増税の影響を受けません。消費税の非課税は17個の限定列挙からなり、うち土地の譲渡・貸付け、有価証券等の譲渡、支払手段の譲渡、貸付金等の利子・保険料、郵便切手・印紙・証紙、物品切手、国等の行政手数料及び外国為替業務について解説します。
地方税

固定資産税・都市計画税の計算方法と特例制度について詳しく解説しました

固定資産の税金には固定資産税と都市計画税、償却資産税があります。全て地方税で賦課課税により計算されます。固定資産税は土地・家屋が対象、都市計画税は土地・家屋で市街化区域内にあるものが対象です。税率は固定資産税1.4%都市計画税0.3%以下です。住宅用地・新築住宅など多くの特例があり一部都市計画税にも適用されます。
個人住民税・事業税

個人住民税の計算方法について人的控除の差を中心に分かりやすく解説します

都道府県民税・市町村民税(所得割)の税率と調整控除(所得控除のうち扶養控除や配偶者控除など、自分や家族などの人に関係する所得税との控除の差である人的控除の差)、配当控除・住宅ローン控除・ふるさと納税などの寄附金控除及び外国税額控除がある税額控除について解説します。また、利子割・配当割・株式等譲渡所得割の取扱いも解説。
個人住民税・事業税

所得控除を知ろう!個人住民税の所得金額の計算方法について解説します

個人住民税の均等割は原則一律で3500円と1500円が課税されます。所得割は所得を基に計算し、所得-所得控除で計算した課税所得金額に税額を乗じます。住民税の所得控除は13種類あり所得税14種類と比較すると寄附金控除がありません。その他利子割と配当割、株式当譲渡所得割がありますが、均等割+所得割が個人住民税になります。
申告所得税

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの非課税制度について

上場株式等の売却益や配当金等については税金が掛かります。しかしNISA・積立NISA及びジュニアNISAは証券会社や銀行で開設した非課税口座・未成年者口座で運用する上場株式や投資信託の譲渡益・配当金について税金が掛からず非課税になります。3つの非課税制度の仕組みを図解と注意点を交えて解説します。
申告所得税

原則申告不要!利子所得の確定申告について詳しく解説します

預貯金や公社債の利息は基本的に確定申告不要です。源泉徴収による源泉分離課税で納税は完了します。また利子所得と配当所得の違いも解説しています。利子所得の税率は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)です。確定申告は総合課税か申告分離課税により行い、利子でも非課税になるものや雑所得になるものがあります。
個人住民税・事業税

個人住民税を納める人と納めない人、申告する人としない人の違いについて

都道府県民税と市町村民税(特別区民税含む)が住民税で法人・個人が対象です。利子割・配当割・株式等譲渡所得割・均等割・所得割の5つから成り、一般的に均等割+所得割が個人住民税です。日本に住む全員を対象とし一定の所得がある人が納税義務者となり、所得税の確定申告者や給与(公的年金等)支払報告書を提出した人等は申告不要です。
個人住民税・事業税

個人事業税の対象事業の範囲と計算方法について詳しく解説します

事業税は70種類の業種が対象で、事業主控除290万円までは税金が掛かりません。確定申告書の書き方は確定申告書Bの第二表下段に非課税所得・損益通算・青色申告特別控除・事業用資産の損失などを記入します。税率は3%~5%で条例による制限税率についても解説。個人事業税は必要経費に算入でき、所得計算は所得税の計算に準じます。
申告所得税

ハズレ馬券は経費!?競馬に係る税金と一時所得の計算方法について解説します

確定申告で競馬の払戻金は所得税(個人住民税)の対象となります。具体的には的中馬券の払戻金から、その的中馬券を購入した金額を控除したものが一時所得として税金が掛かります。競馬に係る税金の計算として、所得税の基本的事項と一時所得の計算方法、一時所得に係る税金の計算方法を実際の競馬のレースを例に馬券を購入して解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の書き方と注意点

法人・個人の事業者は給与や報酬の支払で所得税を天引きして支払い、天引きした源泉所得税を税務署に納付します。これを源泉徴収と言い、源泉徴収を行う事業者を源泉徴収義務者と言います。源泉所得税の納期の特例は提出日の翌月の給与から適用されます。記入例や図を用いて源泉所得税の納期の特例を分かりやすく解説します。
源泉所得税

源泉控除対象配偶者、同一生計配偶者及び控除対象配偶者の違いと範囲

平成30年(2018年)から配偶者控除と配偶者特別控除の改正が行われました。源泉控除対象配偶者、同一生計配偶者、控除対象配偶者の3つの区分ができたので、その要件と内容、本人と配偶者の年収・所得・控除額で見た範囲と適用される税制上の優遇措置を一覧表で解説します。源泉徴収の扶養親族等の人数の計算方法も解説しています。
法人税

法人の事業年度(決算日)の変更方法と異動届出書の書き方

法人の決算期の変更は任意にいつでも行うことができます。手続は臨時株主総会で定款変更の特別決議の承認を経て株主総会議事録を作成、その後税務署・都道府県事務所及び市町村の役所へ事業年度の異動届出書を提出します。株主総会の特別決議の注意点や連結納税の仕組みと税務署に提出する異動届の書き方・記入例を図解で説明します。
法人税

青色申告法人の帳簿の保存期間と保存場所及び記載事項について

青色申告の承認を受けた法人は一定の帳簿書類を備え付けて取引を記録し、且つその書類を一定期間保存しなければなりません。帳簿の保存期間は7年間ですが商法と会社法では10年間です。帳簿は会社の納税地で保存し帳簿の種類に関係なく仕訳帳や総勘定元帳に別表二十に掲げる14項目を複式簿記により記入する必要があります。
申告所得税

サラリーマンの副業が会社にバレる原因とバレない方法について解説します

サラリーマン等の給与所得者が副業を行っている場合には100%会社に知られない方法はありません。住民税の特別徴収通知書や外部からのタレコミなどから漏れるケースがあります。住民税については確定申告書の住民税の納付方法を自分で納付にすることによって防げます。しかしダブルワークなど副業も給与所得の場合には効果がありません。
テキストのコピーはできません。