計算方法

源泉所得税

給与から天引きされる源泉所得税の計算方法と3つのポイントについて

毎月の給与から控除される源泉所得税は課税対象額・扶養親族等の数と源泉徴収税額表を使って求めます。課税対象額は支給額-非課税通勤費-社会保険料で、扶養親族等の数は源泉控除対象配偶者と控除対象扶養親族の合計数です。ただ障害者や寡婦などは数がプラス1されます。この2つを源泉徴収税額表の月額表に当てはめて源泉所得税を計算します。
社会保険等

給与から天引きされる社会保険料の計算方法について解説します

毎月の給与から控除される健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料は、標準報酬月額×保険料率で計算され、雇用保険料は毎月の給与支給額×保険料率で計算されます。健康保険・介護保険は都道府県や組合によって料率が変わり、3ヶ月の給与平均額を用いて標準報酬月額を算定します。雇用保険は毎月一定ではなく手当の変動などによって変わります。
寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税ワンストップ特例制度について詳しく解説します

サラリーマンがふるさと納税をした場合確定申告による寄附金控除を受けずにワンストップ特例制度による住民税の税額控除を受けることができます。所得税の所得控除と個人住民税の税額控除の仕組みと流れ、適用要件、控除額の計算方法と寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)の書き方と記入例も解説。
寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税の仕組みを知ろう!所得税・住民税の寄付金控除の計算方法について

ふるさと納税等の寄附金を支払った場合には税金の控除が受けられます。この寄附金控除について税額控除の仕組み、対象となる特定寄附金の範囲、控除額の計算方法を図解で分かりやすく説明。住民税の寄附金控除(税額控除)の計算方法も解説し、別途確定申告書の書き方、記載方法や、所得税と住民税の制度の違い受領書の見方も解説しています。
年末調整

生命保険料控除の計算方法と有利選択の方法について解説します

年末調整や確定申告の税金の所得控除として生命保険料控除があります。適用要件、控除額の計算方法と所得控除の意味などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度、旧制度の区別があります。特に新契約と旧契約の両方がある場合の有利判定の方法も計算例を交えて解説しています。
その他

生命保険料控除の確定申告書の書き方を4つのパターンで解説します

確定申告の税金(所得税・住民税)の所得控除として生命保険料控除があります。生命保険料控除額の計算方法と確定申告書の書き方を図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度、旧制度の区別があります。特に新契約と旧契約の両方がある場合の有利判定の方法も計算例を交えて解説しています。
年末調整

保険料控除申告書の書き方と控除額の計算方法を図を用いて解説しました

年末調整の税金(所得税・住民税)の所得控除として生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除及び小規模企業共済等掛金控除があります。国民健康保険の取扱や保険等の種類などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度旧制度の区別があり、地震保険は旧長期損害保険があります。
雑損控除

【確定申告】雑損控除の仕組みと確定申告書の書き方及び控除額の計算方法

自宅や家財・車が災害・盗難・横領で損害を受けたら確定申告で雑損控除ができます。雑損控除は所得税・住民税の税金の所得控除の1つです。適用要件や損失額・控除額の計算方法、確定申告書の書き方・記載方法、手続き、必要書類、制度の内容を解説。災害等による損害金額や災害関連支出、差引損失額、総所得金額等の意味についても解説。
雑損控除

【確定申告】雑損控除における損失額の合理的な計算方法について

自宅や家財、車が災害、盗難、横領により損害や被害を受けた場合には、所得税・住民税の確定申告で雑損控除を受けることができます。雑損控除は税金の計算における所得控除です。災害等による損害金額は時価を基に計算しますが、計算が困難な場合には損失額の合理的な計算方法を使って計算しても差し支えありません。
寄附金(ふるさと納税)

実はネットショッピング?ふるさと納税が節税にならない理由について解説します

ふるさと納税に税金の節税効果はありません。節税にならない理由を数字を使って検証。ふるさと納税のメリットは実質2000円でお得な地方特産品がインターネット経由で買えることです。ふるさと納税の所得税と個人住民税の控除額の計算方法、所得控除と税額控除の違い、住民税所得割額と調整控除、人的控除の差についても解説しています。
会計処理(仕訳)

減価償却費を定額法と定率法で計算する方法【自動車を例に解説します】

減価償却は法人や個人事業者の税金の計算に必須です。今回は減価償却の概要、対象となる固定資産(一覧表)、定額法・定率法・生産高比例法・リース期間定額法の法定償却方法、耐用年数や償却率の意味、年の途中で購入した場合の償却と最終年度の償却、端数処理、中古の車両の耐用年数などを、車の減価償却の方法と併せて解説します。
相続税

路線価・評価倍率による相続で取得した土地の評価方法について解説します

相続により土地を取得した場合には相続税評価額の算定が少々複雑になります。今回は自分でできる土地の評価額の計算方法を紹介します。具体的には路線価と評価倍率を使った方法です。固定資産税納税通知書と登記簿謄本が必要です。また角地・準角地や借地権割合、借家権割合による貸家の評価方法や路線価図の見方も解説します。
相続税

【相続税】小規模宅地等の特例の適用要件と計算方法

相続により土地を相続した場合には、小規模宅地等の特例という節税方法を使えることがあります。この特例により相続税の相続財産の評価額を最大80%も減額することができます。今回は小規模宅地等の特例の内容から計算方法、適用要件まで、居住用や事業用、貸付用の場合、配偶者や親族が取得した場合までまとめて解説します。
医療費控除

スイッチOTC医薬品?セルフメディケーション税制の仕組みと計算方法について

税金の医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が創設され確定申告の所得税・住民税の控除額が広がりました。セルフメディケーション税制と医療費控除の仕組み、スイッチOTC医薬品の範囲、適用要件、控除額計算方法、添付書類など解説。医療費控除とセルフメディケーション税制の有利判定の方法も解説しています。
住宅ローン控除

中古住宅を購入した場合の住宅ローン控除について解説します

確定申告の住宅ローン控除は、新築の自宅やマンションを購入や一定の増改築やリフォームをした場合に適用できますが中古住宅を購入した場合にも適用できます。今回は中古住宅を購入した場合の住宅ローン控除について適用要件や控除額の計算、手続方法まで徹底的に解説します。耐震基準や要耐震改修住宅、耐火建築物についても解説しています。
住宅ローン控除

外壁工事などの耐久性向上改修工事に係る所得税の減税制度

確定申告の減税の住宅特定改修特別税額控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除の適用要件、控除額の計算、必要書類ついて解説します。小屋裏、外壁、浴室、脱衣室、土台、軸組等、床下、基礎、地盤の劣化対策工事、給排水管、給湯管の維持管理更新を容易にする工事で長期優良住宅建築等計画に基づくものである工事が耐久性向上改修工事です。
住宅ローン控除

地震に備えて!自宅の耐震改修工事に係る3つの減税制度

自宅に地震に対するリフォーム増改築を施したときは確定申告で税金が減額されます。ローンで中古の要耐震改修住宅を購入すれば住宅ローン控除、ローンで耐震工事をすれば住宅耐震改修特別控除、ローン無しで耐久性向上改修工事と併せて行えば住宅特定改修特別税額控除が受けられます。適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
住宅ローン控除

お得な減税制度!住宅ローン控除の仕組みと控除額の計算方法について

確定申告の収入・所得の意味、給与所得控除・所得控除の内容、税金の計算方法・やり方から、住宅借入金等特別控除の控除額の計算方法、適用要件、手続、必要書類、計算明細書・申告書の記載方法まで解説。所得税と住民税の控除額や医療費控除とのお得度の比較、税額控除と所得控除の違いなど、確定申告と住宅ローン控除を分かりやすく解説。
住宅ローン控除

二世帯住宅工事に係る3つの減税制度について詳しく解説します

確定申告では自宅の新築だけでなく両親や祖父母と住むための増改築工事も税金の減額が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。多世帯同居改修工事の住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、必要書類を解説。
住宅ローン控除

バリアフリー改修工事に係る3つの減税制度について

確定申告では自宅の新築だけでなく障害者や高齢者用の増改築工事も減税制度が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。バリアフリー改修工事の住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
テキストのコピーはできません。