2018-11

寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税ワンストップ特例制度について詳しく解説します

サラリーマンがふるさと納税をした場合確定申告による寄附金控除を受けずにワンストップ特例制度による住民税の税額控除を受けることができます。所得税の所得控除と個人住民税の税額控除の仕組みと流れ、適用要件、控除額の計算方法と寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)の書き方と記入例も解説。
寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税の仕組みを知ろう!所得税・住民税の寄付金控除の計算方法について

ふるさと納税等の寄附金を支払った場合には税金の控除が受けられます。この寄附金控除について税額控除の仕組み、対象となる特定寄附金の範囲、控除額の計算方法を図解で分かりやすく説明。住民税の寄附金控除(税額控除)の計算方法も解説し、別途確定申告書の書き方、記載方法や、所得税と住民税の制度の違い受領書の見方も解説しています。
寄附金(ふるさと納税)

寄附金の特別控除(税額控除)に係る確定申告書の書き方と計算方法

所得税の寄附金の特別控除について確定申告書の記入方法と添付書類を解説します。公益社団法人等、認定NPO法人等及び政党等に対する寄附金は所得控除と税額控除の選択適用ができ、税額控除の方が有利になります。寄附金の特別控除の適用要件、控除額の計算方法を図解で分かりやすく説明。税金計算の税額控除の仕組みや必要書類も解説。
寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税をしたら確定申告!寄附金控除の確定申告書の書き方と必要書類

税金の確定申告で寄附金控除を受けるための確定申告書の記入方法や添付書類を図解で分かりやすく解説。ふるさと納税と共同募金会、認定NPO法人である国境なき医師団日本を例に所得税と住民税の控除を受ける記載・記入例を解説。確定申告書Aの第一表と第二表及び確定申告書の別紙明細、寄附金の受領書・証明書の添付書類も解説しています。
年末調整

生命保険料控除の計算方法と有利選択の方法について解説します

年末調整や確定申告の税金の所得控除として生命保険料控除があります。適用要件、控除額の計算方法と所得控除の意味などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度、旧制度の区別があります。特に新契約と旧契約の両方がある場合の有利判定の方法も計算例を交えて解説しています。
その他

生命保険料控除の確定申告書の書き方を4つのパターンで解説します

確定申告の税金(所得税・住民税)の所得控除として生命保険料控除があります。生命保険料控除額の計算方法と確定申告書の書き方を図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度、旧制度の区別があります。特に新契約と旧契約の両方がある場合の有利判定の方法も計算例を交えて解説しています。
年末調整

保険料控除申告書の書き方と控除額の計算方法を図を用いて解説しました

年末調整の税金(所得税・住民税)の所得控除として生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除及び小規模企業共済等掛金控除があります。国民健康保険の取扱や保険等の種類などを図解で分かりやすく説明。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度旧制度の区別があり、地震保険は旧長期損害保険があります。
雑損控除

【確定申告】雑損控除の仕組みと確定申告書の書き方及び控除額の計算方法

自宅や家財・車が災害・盗難・横領で損害を受けたら確定申告で雑損控除ができます。雑損控除は所得税・住民税の税金の所得控除の1つです。適用要件や損失額・控除額の計算方法、確定申告書の書き方・記載方法、手続き、必要書類、制度の内容を解説。災害等による損害金額や災害関連支出、差引損失額、総所得金額等の意味についても解説。
雑損控除

【確定申告】災害減免法による所得税の軽減免除制度の仕組みと手続方法

自宅や家財が災害により損害を受けた場合には確定申告において所得税の減免制度を受けられます。これは税金の所得控除である雑損控除との選択適用になり、住宅・家財の損害金額が時価の1/2以上で、納税者の所得金額の合計額が1,000万円以下の場合に適用できます。但し所得税のみの規定で、損失額は1年間のみ減免が受けられます。
雑損控除

【確定申告】雑損控除における損失額の合理的な計算方法について

自宅や家財、車が災害、盗難、横領により損害や被害を受けた場合には、所得税・住民税の確定申告で雑損控除を受けることができます。雑損控除は税金の計算における所得控除です。災害等による損害金額は時価を基に計算しますが、計算が困難な場合には損失額の合理的な計算方法を使って計算しても差し支えありません。
年末調整

源泉徴収票の見方と書き方を分かりやすく解説しました

源泉徴収票は年末調整終了後会社が発行し確定申告や転職・退職後に必要です。年収や給与所得、所得控除、源泉徴収税額や控除対象配偶者、扶養親族、障害者、寡婦、寡夫、勤労学生、乙欄、災害者や入社日・退職日も記載されます。住宅ローン控除額や年末残高等も載り、退職者は年調未済になります。従たる給与と主たる給与の意味も解説。
消費税

リース取引(借手側)に係る消費税の経過措置について

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。リース取引について借り手側から解説。経過措置の対象となるのは賃貸借処理をするオペレーティングリース取引と所有権移転外ファイナンスリース取引で、売買取引及び金融取引の所有権移転ファイナンスリース取引とセールアンドリースバック取引は対象外です。
法人税

リース取引に係る税務上の分類方法と仕訳方法について解説します

リース取引の会計処理を分かりやすく図解と仕訳で解説。ファイナンスリース取引とオペレーティングリース取引及びセールアンドリースバック取引の区分方法。それぞれ法人税の税金計算では売買取引、賃貸借取引及び金銭の貸借取引として処理します。また所有権移転と所有権移転外ファイナンスリース取引で減価償却方法が異なります。
年末調整

年末調整必須書類!配偶者控除等申告書の書き方と記入例

平成30年(2018年)の改正で年末調整の税金の配偶者控除、配偶者特別控除を受ける人は給与所得者の配偶者控除等申告書が必要です。図解と記載例で独身者・専業主婦・共働き等提出不要と必要な人、提出義務、税務署名、本年中の合計所得金額(見積額)計算方法、給与所得と給与所得控除額、国外居住配偶者、控除額の計算方法を解説します。
年末調整

所得税法 別表第5【年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表】

年末調整や給与所得の金額の算出に使用する、所得税法別表第5年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表です。
年末調整

平成31年(2019年)分扶養控除等申告書の書き方を記入例つきで解説します

年末調整の税金精算と給与の源泉所得税に扶養控除等申告書は必須です。図解と記載例で税務署名や市区町村名、個人番号、マイナンバー、源泉控除対象配偶者、16歳以上・未満の扶養親族、国外扶養親族、老人扶養親族と特定扶養親族、障害者、寡婦・特別の寡婦・寡夫、勤労学生、提出期限、他の所得者が控除を受ける扶養親族等を解説。
消費税

消費税増税後の適用税率の判定方法と経過措置の適用要件

軽減税率や請求書改正と共に実施される経過措置と増税後の8%と10%の税率の適用・判定方法、Q&A及び旅客運賃、電気・通信料金、工事の請負契約、資産の貸付け、指定役務、定期購読、予約販売、特定新聞、通信販売、老人ホーム、家電リサイクル法の経過措置、出荷基準と検収基準、商品の返品、決算締切日の特例、1年間の保守契約を解説。
消費税

電気料金等と通信料金に係る消費税の経過措置について

消費税10%の増税で軽減税率や請求書の改正が実施され、経過措置も実施されます。電気・ガス・上下水道料金、電話、携帯電話、スマホ、インターネット、Wi-Fi及びCATVなどの通信料金の経過措置のQ&Aと適用要件、灯油、温泉、貸しビルのテナントから受取る電気代、プロパンガス、定額料金と従量料金、多段階定額制について解説。
会社経営

税金にも時効はあるの?徴収権の消滅時効と賦課権の除斥期間について

税金の時効制度について分かりやすく解説します。消滅時効と除斥期間の定義と違い、徴収権と法定納期限の意味、時効の中断・延長と援用の意味、形成権及び更正、決定、賦課決定の意味、課税標準申告書とは何か、また民法の時効の定義についても解説。税金の時効は5年で督促状によってリセットされます。除斥期間は3年5年7年9年です。
寄附金(ふるさと納税)

実はネットショッピング?ふるさと納税が節税にならない理由について解説します

ふるさと納税に税金の節税効果はありません。節税にならない理由を数字を使って検証。ふるさと納税のメリットは実質2000円でお得な地方特産品がインターネット経由で買えることです。ふるさと納税の所得税と個人住民税の控除額の計算方法、所得控除と税額控除の違い、住民税所得割額と調整控除、人的控除の差についても解説しています。
テキストのコピーはできません。