書き方

年末調整

令和元年(2019年)分保険料控除申告書の書き方と控除額の計算方法を解説します

年末調整の税金(所得税・住民税)の所得控除として生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除及び小規模企業共済等掛金控除があります。国民健康保険の取扱や保険等の種類などを図解で分かりやすく説明します。生命保険は一般の生命保険、介護医療保険、個人年金保険と新制度旧制度の区別があり、地震保険は旧長期損害保険があります。
年末調整

令和元年(2019年)分配偶者控除等申告書の書き方を記入例つきで解説します

令和元年(2019年)の年末調整で使用できる配偶者控除等申告書です。平成30年分から変更がないため同じ要領で記載してください。図解と記載例で独身者・専業主婦・共働き等提出不要と必要な人、提出義務、税務署名、本年中の合計所得金額(見積額)計算方法、給与所得と給与所得控除額、国外居住配偶者、控除額の計算方法を解説します。
源泉所得税

令和への改元に伴う源泉所得税の納付書の書き方と記入例

2019年4月1日に平成から令和への改元が発表されました。元号は税金の世界でも広く使われ特に税金の納付書では年度・年分や日にちを記入する欄が設けられています。今回は企業や個人事業者などで頻繁に使用する源泉所得税の記入方法について、改元に伴う年度と支払年月日及び納期等の区分を実際の納付書の図を使用して解説します。
法人税

法人の異動届出書の書き方【本店移転と書類送付先の変更方法を図解しました!】

自宅が本店の法人が他の場所に事務所を設置した場合には、本店移転登記をしているかどうかで手続きが変わります。登記をしている時は異動前の税務署に納税地異動の届出書を提出する必要があります。本店移転登記をしていない時は手続きの必要はありませんが、書類の送付先を変更する場合には異動届出書の提出で変更することができます。
会社設立

自宅を本店としている会社は必見です!法人設立届出書の書き方と提出先

国税の法人の本店(本社)は原則として登記上の本店になります。従って社長の自宅を本店として登記していれば自宅がその会社の本店となり法人税の申告・納税も自宅を所轄する税務署で行います。会社を設立した場合には、本店の場所に拘わらず必ず法人設立届出書を税務署に提出するため、その記入方法を記載例を掲載しながら詳細に解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【半年ごとに納付する納期の特例の場合】

毎月の給与に係る源泉所得税は源泉徴収を行った会社が一括して納付しますが、毎月納付と半年納付の2つがあり、今回は半年納付を解説します。具体的には給与に係るもの、賞与に係るもの、日雇労働者に支払う賃金に係るもの、税理士等に支払う報酬に係るもの及び年末調整に係るものの5つのパターンの納付書の記載方法を解説します。
源泉所得税

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【毎月納付する場合】

毎月の給与に係る源泉所得税は源泉徴収を行った会社が一括して納付しますが、毎月納付と半年納付の2つがあり、今回は毎月納付を解説します。具体的には給与に係るもの、賞与に係るもの、日雇労働者に支払う賃金に係るもの、税理士等に支払う報酬に係るもの及び年末調整に係るものの5つのパターンの納付書の記載方法を解説します。
その他

所得税の更正の請求書の書き方を4つのパターンで解説します

更正の請求は、確定申告による税金が多かった場合や還付額が少なかった場合に、法定申告期限から5年以内であれば適用できる制度です。手続きには更正の請求書と更正の事実を証明する書類を添付します。更正の請求書には左側に提出済みの確定申告書の内容を転記し、右側に修正後の金額を記入し、最終的な税額の差額が還付されます。
源泉所得税

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の書き方と注意点

法人・個人の事業者は給与や報酬の支払で所得税を天引きして支払い、天引きした源泉所得税を税務署に納付します。これを源泉徴収と言い、源泉徴収を行う事業者を源泉徴収義務者と言います。源泉所得税の納期の特例は提出日の翌月の給与から適用されます。記入例や図を用いて源泉所得税の納期の特例を分かりやすく解説します。
その他

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方【提出期限、適用要件など】

個人事業者を手伝う配偶者や家族・親族を事業専従者と言います。青色申告者は青色事業専従者になり給与を必要経費にできる青色事業専従者給与の特例、白色申告者は白色事業専従者になり所得控除の事業専従者控除の特例を受けられます。この適用要件や提出期限、届出書の記入方法を解説します。個人事業の開業時の届出書一覧も掲載しています。
その他

個人事業者の青色申告承認申請書の書き方【提出期限、適用要件など】

事業所得・不動産所得・山林所得は所得税の青色申告を受けられます。税務署への青色申告承認申請書の記載方法や提出期限、適用要件、開業時の提出書類の一覧表を図解で分かりやすく説明。又青色申告特別控除の65万円と10万円の条件、雑所得は青色申告を受けられないこと、純損失の繰越、専従者給与、少額減価償却資産のメリットも解説。
その他

個人事業の開業届出書の書き方と記入例【提出書類一覧表】

事業所得・不動産所得・山林所得の事業を始めた時は税務署と各自治体へ開業届を提出します。税務署の開業届出書の記載方法や提出期限、提出書類の一覧表を図解で分かりやすく説明。又開業届を提出しても事業所得にはならない事、青色申告の承認(申請書)には開業届は必須ではない事、雑所得は開業届を出さなくても良い事などを解説。
法人税

法人の事業年度(決算日)の変更方法と異動届出書の書き方

法人の決算期の変更は任意にいつでも行うことができます。手続は臨時株主総会で定款変更の特別決議の承認を経て株主総会議事録を作成、その後税務署・都道府県事務所及び市町村の役所へ事業年度の異動届出書を提出します。株主総会の特別決議の注意点や連結納税の仕組みと税務署に提出する異動届の書き方・記入例を図解で説明します。
その他

【確定申告】所得税の納付書の書き方を記入例つきで分かりやすく解説します

確定申告で税金が還付ではなく納付になれば納付書(領収済通知書)を記入・作成して納付します。税金の納付書は各税務署か確定申告会場で貰えます。郵送や電話でも請求できますが税務署の対応が遅いため直接取りに行くのが確実です。税金の納付は銀行・信用金庫及び郵便局で納付できます。振替納税・電子納税・クレジットカード納付も可能です。
アフィリエイト

アフィリエイト所得の確定申告書(第二表)の書き方について図解します

年末調整をする給与所得者は税金の確定申告の必要がありません。寄附金控除や医療費控除があれば確定申告をしますが副業(雑所得)も該当します。アフィリエイト所得の確定申告書A第二表の記載方法、作成手順、記入例を図解で分かりやすく説明します。用語の意義や雑所得の記入方法、源泉徴収票からの転記方法など細かく解説しています。
アフィリエイト

図解で詳しく!アフィリエイトの確定申告書(第一表)の書き方

年末調整をする給与所得者は税金の確定申告の必要がありません。寄附金控除や医療費控除があれば確定申告をしますが副業(雑所得)も該当します。アフィリエイト所得の確定申告書A第一表の記載方法、作成手順、記入例を図解で分かりやすく説明します。用語の意義や控除額の計算方法、源泉徴収票からの転記方法など細かく解説しています。
医療費控除

医療費控除の明細書と確定申告書(第二表)の書き方を図解しました

年末調整をすれば税金の確定申告は不要ですが、住宅ローン控除や寄附金控除、医療費控除では確定申告が必要です。確定申告書A第二表と医療費控除の明細書、セルフメディケーション税制の明細書、添付書類台紙の書き方と作成手順、記入例を図解で分かりやすく説明。用語の意味や計算方法、源泉徴収票の転記方法も詳しく解説しています。
医療費控除

医療費控除の確定申告書(第一表)の書き方を図を用いて解説しました

年末調整をする給与所得者は税金の確定申告の必要がありません。寄附金控除や住宅ローン控除、医療費控除を受ける場合に確定申告をします。医療費控除をする際の確定申告書A第一表の書き方、作成手順、記入例を図解で分かりやすく説明します。用語の意義や控除額の計算方法、源泉徴収票からの転記方法など細かく解説しています。
寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税ワンストップ特例制度について詳しく解説します

サラリーマンがふるさと納税をした場合確定申告による寄附金控除を受けずにワンストップ特例制度による住民税の税額控除を受けることができます。所得税の所得控除と個人住民税の税額控除の仕組みと流れ、適用要件、控除額の計算方法と寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)の書き方と記入例も解説。
寄附金(ふるさと納税)

寄附金の特別控除(税額控除)に係る確定申告書の書き方と計算方法

所得税の寄附金の特別控除について確定申告書の記入方法と添付書類を解説します。公益社団法人等、認定NPO法人等及び政党等に対する寄附金は所得控除と税額控除の選択適用ができ、税額控除の方が有利になります。寄附金の特別控除の適用要件、控除額の計算方法を図解で分かりやすく説明。税金計算の税額控除の仕組みや必要書類も解説。
テキストのコピーはできません。