2019-05

資金繰り

資金繰りが苦しくなる原因と資金繰りを楽にする方法をお教えします

資金繰りの悪化原因は収入・支出・政策・意識の4つに分類できます。収入面と支出面のバランスが取れていないと必ず資金ショートが起こります。さらに会社の政策面と意識面での改革も必要です。今回はこの4つの原因の詳細を解説するとともに、資金繰りを楽にする方法についても解説します。資金繰りを楽にするポイントは在庫と買掛金です。
会社経営

補助金の圧縮記帳制度と助成金との違いについて解説します

補助金と助成金は返済不要・使途自由・後払いという点で共通していますが、支給元・目的・支給条件などが異なります。また税制上補助金は圧縮記帳が可能であり、圧縮記帳の概要についても解説しています。補助金は法人・個人事業の支援と拡大を目的とし、助成金は雇用の均等化と拡大に主眼を置いています。それぞれの所轄省庁も異なります。
消費税

臨時免税店制度を利用して外国人観光客のインバウンド消費を狙おう!

近年の外国人旅行者の増加により消費税の免税店(TAX FREE SHOP)が増え、平成31年度より臨時販売場制度が創設されました。これはインバウンドの増加に備えて大規模なイベントや地域のお祭り、商店街のイベント等に免税品を売る屋台等を出店できる制度です。今回は臨時販売場制度の概要と出店するための手続方法を解説します。
税金全般

お酒は産地で決まる!酒類の地理的表示(GI)制度とは?

お酒=土地と言われるように、酒類にとって産地はとても重要です。地理的表示(GI、Geographical Indicationsの略)は、お酒の産地を公的に証するもので国税庁長官が指定します。現在日本では10種類の地理的表示のお酒があり、地域ブランドの保護と消費者の利便性、輸出効果の拡大などを目的に導入されています。
贈与税

結婚・子育て資金に係る贈与税の非課税制度について

両親や祖父母が20歳以上50歳未満の子や孫に結婚・子育て資金の贈与をした時は、1,000万円まで非課税になります。但し、使途が結婚・子育て資金限定であり他の用途に使えば非課税でなくなります。2つの資金の範囲・非課税枠・贈与者が死亡した場合の相続税・契約終了事由、受贈者の所得要件などを一覧表で解説しています。
贈与税

教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税制度について

両親や祖父母が子や孫に教育資金の贈与をした時は、一定の要件を満たし一定の手続きを行うことで1,500万円まで非課税になります。但し、使途が教育資金限定であり他の用途に使えば非課税でなくなります。教育資金の範囲・非課税枠・贈与者が死亡した場合の相続税・契約終了事由、受贈者の所得要件などをしっかり把握することが必要です。
源泉所得税

給与から源泉所得税を天引きしなかった場合のペナルティと税務調査の内容

従業員に支払う毎月の給与について源泉徴収事務を行うことは、法律で定められた会社の義務として存在します。源泉徴収を怠った場合には、税務調査などによりペナルティが課されますが、今回はその処分の内容を詳しく解説します。また、源泉所得税の税務調査時にポイントとなる項目についても注意点とともに解説しています。
社会保険等

試用期間中の社会保険(健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険)の加入について

すぐに会社を辞められたら保険料が勿体ないという理由から、試用期間中に社会保険に加入させない企業があります。しかし社会保険の加入は加入要件を満たしているか否かのみで判断するため、試用期間云々は関係ないのです。健康保険などは調査によって指摘される可能性があり、雇用保険は失業保険を巡ってトラブルになることもあります。
会社経営

試用期間を設定する場合の4つの注意点とトラブルの回避方法

従業員の採用にあたって試用期間を設定している会社も多いと思います。しかし試用期間の意味を詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。試用期間を巡っては労使トラブルが起こることも多く、お互いに得にはなりません。そこで試用期間とは?と題して試用期間の定義と解雇・本採用・給与など注意点とトラブル回避方法を解説します。
社会保険等

雇用保険の加入手続きを忘れていた場合の対処法とトラブルの可能性

社会保険や雇用保険の手続は過去に遡って行うことができます。雇用保険は最大過去2年の遡及加入が可能です。但し遡及加入では未加入期間の追加保険料を支払う必要があり、労働保険料の申告書を訂正して支払うことになります。また失業保険の給付日数に雇用保険加入期間が関わってくるので、退職者と会社の間でトラブルになる可能性もあります。
相続税

揉めない遺産分割!相続した自宅不動産を分ける4つの方法

相続で最もトラブルが多いのが不動産です。不動産は物理的に分割できないため、主な遺産が自宅のみという相続では、その分け方で揉めることが多いのです。不動産を分割相続する方法として現物分割・代償分割・共有・換価分割の4つがありますが、それぞれ一長一短あるため遺産分割協議では専門家と協力して検討・選択することが望まれます。
テキストのコピーはできません。