株式会社

会社設立

起業は6つの手順で!株式会社を設立する流れを解説しました

起業して会社を設立する6つのステップを解説。設立費用や基本事項の決定、定款の作成・認証、資本金の払込、設立登記の作成と申請、関係各所への届出です。また税金や労働保険、社会保険も考慮に入れる必要があります。しかし実際に会社を設立するのはそれほど難しくありません。今回は極力自分だけで会社を設立する方法を解説します。
会社設立

最後に関係機関へ届出書等の提出をして完了です【株式会社の設立手順⑥】

起業して会社を設立した後は関係各所への届出が必要です。税務署は国税、地方自治体は地方税、労働基準監督署とハローワークは労働保険、年金事務所は社会保険の手続を行います。税金関係は法人設立届や青色申告、給与支払や源泉所得税の納期の特例などを図解で解説。労災保険と雇用保険、健康保険、介護保険、厚生年金は強制加入になります。
会社設立

登記書類が出来上がったら法務局へ申請しましょう【株式会社の設立手順⑤】

起業して会社を設立するには、基本事項の決定、定款の作成・認証、資本金の払込、設立登記の作成と申請、関係各所への届出が必要になります。今回は登記書類の申請を解説します。管轄法務局、会社設立日はいつか、登記の期限、商業登記と不動産登記、補正のやり方、郵送での登記申請、登記事項証明書(謄本)と印鑑カードなどを解説しています。
会社設立

意外と簡単です!設立登記書類の作成について【株式会社の設立手順④】

起業して会社を設立するには、基本事項の決定、定款の作成・認証、資本金の払込、設立登記の作成と申請、関係各所への届出が必要になります。今回は登記書類の作成を解説します。設立登記には次の書類が必要です。定款、払込証明書、発起人の決定書、就任承諾書、印鑑証明書、登記申請書、登記すべき事項、印鑑改印届書、これらを解説します。
会社設立

大事な運営資金!資本金の払い込みをしましょう【株式会社の設立手順③】

起業して会社を設立するには、基本事項の決定、定款の作成・認証、資本金の払込、設立登記の作成と申請、関係各所への届出が必要になります。今回は、会社の株主が出資金である資本金を払い込む手順を解説します。資本金1円で会社を作るデメリット、資本金の払込があったことを証する書面(払込証明書)の作成などを詳しく解説しています。
会社設立

定款を作成して公証人役場で認証を受けましょう【株式会社の設立手順②】

起業して会社を設立するには、基本事項の決定、定款の作成・認証、資本金の払込、設立登記の作成と申請、関係各所への届出が必要になります。今回は定款の作成と認証を解説します。公証人と公証人役場、取締役会設置会社と非設置会社の定款、絶対的記載事項、定款の変更、株式の譲渡制限、発起人の意味、電子定款などをまとめて解説します。
会社設立

会社の基本事項を決定しましょう【株式会社の設立手順①】

起業して会社を設立するには、基本事項の決定、定款の作成・認証、資本金の払込、設立登記の作成と申請、関係各所への届出が必要になります。今回は設立前の基本事項の決定を解説します。商号、事業目的、本店所在地、資本金、株主、役員を決定し、会社や個人の実印や角印など印鑑の準備、設立費用も必要です。今回はこれらについて解説します。
法人税

どちらが有利?合同会社と株式会社を税金の面から比較してみた

合同会社も株式会社も税制上は同じ普通法人です。税務上の違いは全くありません。税金の種類も税率も同じです。税金の面では合同会社にメリットはありません。但し合同会社は設立費用が安くて済みます。起業する際にはメリットになります。登録免許税が安く定款の認証も不要です。しかし株式会社に比べて社会的な信用度は低くなります。
テキストのコピーはできません。