非課税

贈与税

結婚・子育て資金に係る贈与税の非課税制度について

両親や祖父母が20歳以上50歳未満の子や孫に結婚・子育て資金の贈与をした時は、1,000万円まで非課税になります。但し、使途が結婚・子育て資金限定であり他の用途に使えば非課税でなくなります。2つの資金の範囲・非課税枠・贈与者が死亡した場合の相続税・契約終了事由、受贈者の所得要件などを一覧表で解説しています。
贈与税

教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税制度について

両親や祖父母が子や孫に教育資金の贈与をした時は、一定の要件を満たし一定の手続きを行うことで1,500万円まで非課税になります。但し、使途が教育資金限定であり他の用途に使えば非課税でなくなります。教育資金の範囲・非課税枠・贈与者が死亡した場合の相続税・契約終了事由、受贈者の所得要件などをしっかり把握することが必要です。
消費税

消費税の非課税取引のうち政策的配慮によるもの9項目について解説します

消費税10%の増税が迫っていますが非課税規定に該当する取引は消費税が掛からないため増税の影響を受けません。消費税の非課税は17個の限定列挙からなり、うち社会保険医療、介護保険・社会福祉事業サービス、助産、火葬料・埋葬料、身体障碍者用物品の譲渡・貸付け、学校の入学金や授業料、教科書の購入、住宅の貸付けについて解説します。
消費税

消費税の非課税取引のうち取引の性格上非課税になるもの8項目について解説します

消費税10%への増税が迫っていますが非課税規定に該当する取引は消費税が掛からないため増税の影響を受けません。消費税の非課税は17個の限定列挙からなり、うち土地の譲渡・貸付け、有価証券等の譲渡、支払手段の譲渡、貸付金等の利子・保険料、郵便切手・印紙・証紙、物品切手、国等の行政手数料及び外国為替業務について解説します。
申告所得税

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの非課税制度について

上場株式等の売却益や配当金等については税金が掛かります。しかしNISA・積立NISA及びジュニアNISAは証券会社や銀行で開設した非課税口座・未成年者口座で運用する上場株式や投資信託の譲渡益・配当金について税金が掛からず非課税になります。3つの非課税制度の仕組みを図解と注意点を交えて解説します。
譲渡所得

モノを売って儲けたら税金が掛かります!所得税における譲渡所得とは?

物を売って利益を得たら税金が掛かります。これを資産の譲渡による所得といい確定申告が必要です。所得税には利子・配当・不動産・事業・給与・退職・山林・譲渡・一時・雑の10種類の所得があり資産の譲渡の利益は譲渡所得です。但し、物の売却による利益でも他の所得になるものもあり、更に非課税とされ税金が掛からない譲渡もあります。
贈与税

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度について

自宅の購入資金として両親から資金の提供を受けた場合には、贈与に該当し贈与税の対象になります。しかし、住宅購入資金の贈与を受けた場合でも、一定の要件を満たせば贈与税の特例制度を使うことができます。この住宅取得等資金の非課税制度は、暦年課税や相続時精算課税と併用するとお得に税金を減らす節税をすることができます。
会社経営

現物給与を知ろう!非課税通勤手当(交通費)を利用した節税方法

現物給与とは現金以外の物で支給する給与です。現物給与である通勤手当を利用すれば会社では経費として税金の節税になり、従業員は非課税給与として年収に含まれず所得税が掛かりません。また何故通勤手当が現物給与になるのか、通勤手当の非課税限度額の一覧表、会社と社員のメリット・デメリット、徒歩や自転車の場合も解説しています。
消費税

消費税が掛かる?掛からない?その判定方法をお教えします

サラリーマンの給料に消費税が掛からないのはなぜ?課税の対象になる4つの要件国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等の意味から、不課税、非課税、免税、課税に至るまでの消費税の判定方法を解説します。また、非課税の限定列挙17項目と輸出取引の免税規定、消費税のクイズ、不課税、非課税と免税の違いも解説。
テキストのコピーはできません。