贈与税

贈与税に関する疑問を解消!ペットに贈与はできますか?親に贈与はできますか?

贈与税の基本的な仕組みと、子供(赤ちゃん、幼児)に贈与をした場合や子供名義の口座に親がお金を積み立てた場合、ペットへの贈与、さらには贈与と認められるための贈与契約書と口座振込の必要性、定期贈与の注意点、また仮想通貨を贈与した場合や法人と個人の間の贈与、子供から親への贈与(仕送り)などについてパターン別に解説します。
消費税

消費税の軽減税率制度と請求書等の改正が会社経営に与える影響

消費税の増税に伴う軽減税率と適格請求書等について解説します。軽減税率は飲食料品と新聞について適用されます。また、軽減税率以上に大きな意味をもつのが、区分記載請求書等保存方式と適格請求書等保存方式(インボイス方式)です。請求書の保存は消費税の仕入税額控除の要件になります。この請求書の保存についても詳しく解説しています。
消費税

納税に困ったら?消費税を滞納しないための3つの方法と対処法

消費税に限らず税金の滞納には厳しい取り立てがあります。小規模な中小企業や個人事業者が消費税の増税の際に税金を滞納しないための方法として税抜経理に変更する、納税資金をプールする、預かった消費税を会社経営に使わない等の対策について解説します。また、換価の猶予や分納についても紹介しています。
住宅ローン控除

確定申告はしたけれども住宅ローン控除の適用を忘れてしまった場合の対処法

住宅借入金等特別控除を忘れた場合は、法定申告期限内であれば再度申告できます。法定申告期限を過ぎたら修正申告か更正の請求になりますが住宅ローン控除は更正の請求ができません。また更正の嘆願という手続きもあります。住民税は納税通知書が通知されるまでは還付申告可能です。納税通知書が届いてからは住宅ローン控除は適用できません。
住宅ローン控除

住宅ローン控除の確定申告を忘れた場合の3つの対処法

税金の住宅ローン控除を受けるには最初に必ず確定申告が必要です。もし確定申告を忘れた場合は住宅ローン控除は受けられないのか?サラリーマンなどの還付申告は最大5年間遡って確定申告が可能です。6年以上前の住宅ローンは控除期間が切り捨てられてしまいます。過去の源泉徴収票などの必要書類を揃えられるかも注意する必要があります。
法人税

仮想通貨を法人で運用する前に検討してもらいたい3つの事

仮想通貨で大きな利益が出た場合は個人の税金負担が大きくなります。そこで法人(法人化)を利用した仮想通貨の節税が注目されています。しかしそれには問題があります。法人で仮想通貨の帳簿をつけられるのか?原価計算ができるのか?口座を移すときに売却するのか等の資金の移動、そして仮想通貨の将来と税制の改正の問題が挙げられます。
会社経営

経営者に税金の知識は必要ですか?中小企業のマーケティングについて

中小企業の経営者は法人税の計算方法など知る必要ありません。税金に関しては会社が支払う税金の種類、税金の申告・納付時期、税金の金額の予測ができれば十分です。経営者は会社のマーケティングに注力すべきでマーケティング能力が会社の成績を左右します。マーケティングとはモノが売れる仕組みで和菓子屋のマーケティングを例に解説。
消費税

消費税は誰が負担する?価格転嫁問題とその対策について

平成31年(2019年)10月1日から消費税が10%に増税されます。消費税の増税は小規模な中小企業や個人事業者にとっても大きな問題となります。軽減税率への対応と請求書形式の改正及び価格転嫁の問題です。今回は、消費税の価格転嫁問題の内容と対策、そして消費税の基本的な仕組みと根本的な問題も併せて解説します。
申告所得税

医療費は還付されません!確定申告における税金の還付の仕組みについて解説します

確定申告で医療費控除をすれば支払った医療費が返ってくると勘違いしている人が意外に多いです。確定申告で還付されるのは所得税です。そこで今回はなぜ年末調整や確定申告で所得税が還付されるのか?サラリーマンの年末調整における還付の仕組みや個人事業者が確定申告をした場合の還付の仕組み、予定申告の還付の仕組みについて解説します。
地方税

従業員が引っ越しをした場合の住民税の手続きについて解説します

法人の従業員に関する手続きには多くのものがあります。会社内部での手続きや社会保険等の手続き、そして税金の手続きもあります。今回は、従業員が引越しをした場合の法人の住民税の手続きについて解説します。特別徴収と普通徴収の両方を具体例で解説しています。また、住民票の異動をしていなかった場合も併せて解説します。
テキストのコピーはできません。