減税

地方税

固定資産税・都市計画税の計算方法と特例制度について詳しく解説しました

固定資産の税金には固定資産税と都市計画税、償却資産税があります。全て地方税で賦課課税により計算されます。固定資産税は土地・家屋が対象、都市計画税は土地・家屋で市街化区域内にあるものが対象です。税率は固定資産税1.4%都市計画税0.3%以下です。住宅用地・新築住宅など多くの特例があり一部都市計画税にも適用されます。
住宅ローン控除

外壁工事などの耐久性向上改修工事に係る所得税の減税制度

確定申告の減税の住宅特定改修特別税額控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除の適用要件、控除額の計算、必要書類ついて解説します。小屋裏、外壁、浴室、脱衣室、土台、軸組等、床下、基礎、地盤の劣化対策工事、給排水管、給湯管の維持管理更新を容易にする工事で長期優良住宅建築等計画に基づくものである工事が耐久性向上改修工事です。
住宅ローン控除

地震に備えて!自宅の耐震改修工事に係る3つの減税制度

自宅に地震に対するリフォーム増改築を施したときは確定申告で税金が減額されます。ローンで中古の要耐震改修住宅を購入すれば住宅ローン控除、ローンで耐震工事をすれば住宅耐震改修特別控除、ローン無しで耐久性向上改修工事と併せて行えば住宅特定改修特別税額控除が受けられます。適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
住宅ローン控除

二世帯住宅工事に係る3つの減税制度について詳しく解説します

確定申告では自宅の新築だけでなく両親や祖父母と住むための増改築工事も税金の減額が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。多世帯同居改修工事の住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、必要書類を解説。
住宅ローン控除

バリアフリー改修工事に係る3つの減税制度について

確定申告では自宅の新築だけでなく障害者や高齢者用の増改築工事も減税制度が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。バリアフリー改修工事の住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
住宅ローン控除

太陽光発電も対象!省エネリフォーム工事に係る3つの減税制度

確定申告では自宅の新築だけでなく太陽光発電ソーラーパネル増改築工事も減税制度が受けられます。バリアフリー、省エネ改修、多世帯・二世帯同居改修工事及び耐久性向上改修工事です。省エネリフォームの住宅ローン控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅特定改修特別税額控除の適用要件、控除額の計算方法、確定申告の必要書類を解説。
テキストのコピーはできません。