特例

譲渡所得

マイホームの売却損失が出た場合に適用できる特例税制について解説します

自宅の土地・建物を売って譲渡損が出た場合には、損益通算と繰越控除が適用できます。但し、新居などの買換資産を購入し住宅ローンを組んでいるか、売却した自宅の住宅ローンが残っている場合に適用できます。損益通算とは利益と損失を相殺(控除)することで、繰越控除は控除しきれなかったマイナスを翌年に繰り越すことを言います。
年金・保険

公的年金等に係る税金の計算方法と3つの優遇税制について解説します

公的年金等は所得税・住民税で65歳以上の高齢者の公的年金等控除、公的年金等受給者の確定申告不要制度、配偶者控除・扶養控除の特例の税制上の優遇措置があります。私的・個人年金では受けられません。年金の税金の計算方法、公的年金等控除額の計算、速算表、申告不要の適用要件と申告が必要なケース、配偶者・扶養控除について解説。
贈与税

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度について

自宅の購入資金として両親から資金の提供を受けた場合には、贈与に該当し贈与税の対象になります。しかし、住宅購入資金の贈与を受けた場合でも、一定の要件を満たせば贈与税の特例制度を使うことができます。この住宅取得等資金の非課税制度は、暦年課税や相続時精算課税と併用するとお得に税金を減らす節税をすることができます。
贈与税

おしどり贈与!夫婦間で贈与があった場合の配偶者控除の特例について

贈与においては夫婦間でマイホームやマイホームの購入資金の贈与があった場合には、配偶者控除の特例を受けることができます。住宅取得等資金の非課税制度と似ていますが、結婚後20年以上経過した夫婦間で自宅用の住宅かその購入資金を贈与した場合の税金の優遇措置になります。この規定の節税効果について相続税も絡めて解説しています。
相続税

相続税の仕組みと計算方法を順序立てて分かりやすく解説します

今回は相続税の税金の計算を自分でするための方法を解説します。相続の財産の範囲、評価・集計方法、基礎控除、遺産分割協議、遺言書、法定相続人、法定相続分の解説、課税遺産総額を使った相続税の総額の計算、納税額の振分け、2割加算や配偶者の税額軽減等の税額控除、相続税額の早見表、非課税財産から土地の評価まで、まとめて解説します。
相続税

【相続税】小規模宅地等の特例の適用要件と計算方法

相続により土地を相続した場合には、小規模宅地等の特例という節税方法を使えることがあります。この特例により相続税の相続財産の評価額を最大80%も減額することができます。今回は小規模宅地等の特例の内容から計算方法、適用要件まで、居住用や事業用、貸付用の場合、配偶者や親族が取得した場合までまとめて解説します。
法人税

30万円未満の少額減価償却資産の特例と中小企業投資促進税制について

今回は小規模な中小企業や個人事業者に是非活用して欲しい設備投資に係る税金の優遇措置を紹介します。具体的には30万円未満の少額減価償却資産の特例と中小企業投資促進税制の2つの節税方法です。今回は特別償却と税額控除の計算方法、どちらが有利かの比較、繰越方法、30万円未満の判定や税制の仕組と要件まで詳細に解説します。
譲渡所得

3,000万円控除!マイホームの売却利益が出た場合の特例税制について

自宅を売った時には新しく住む新居を買換えるのが普通だと思います。この場合、確定申告で税制上の優遇措置(特例)を適用することができます。今回は、自宅を売却した場合の節税方法として、3,000万円の特別控除と長期所有の軽減税率の特例及びマイホームの買換えの特例について、適用要件や税金の計算方法を分かりやすく解説します。
法人税

短期前払費用の特例を使った節税方法とそのデメリット

短期前払費用の特例を使った税金の節税を、家賃を例に解説します。短期前払費用は、一定の契約に従って継続的にサービスの提供を受けるもの、支払日から1年以内にサービスの提供を受けるもの、継続的に適用するもの、費用と収益が対応していないもの(重要性が乏しいもの)、及び当期中に支払いをしたものの5要件を満たす前払費用を言います。
テキストのコピーはできません。