手続方法

消費税

臨時免税店制度を利用して外国人観光客のインバウンド消費を狙おう!

近年の外国人旅行者の増加により消費税の免税店(TAX FREE SHOP)が増え、平成31年度より臨時販売場制度が創設されました。これはインバウンドの増加に備えて大規模なイベントや地域のお祭り、商店街のイベント等に免税品を売る屋台等を出店できる制度です。今回は臨時販売場制度の概要と出店するための手続方法を解説します。
社会保険等

雇用保険の加入手続きを忘れていた場合の対処法とトラブルの可能性

社会保険や雇用保険の手続は過去に遡って行うことができます。雇用保険は最大過去2年の遡及加入が可能です。但し遡及加入では未加入期間の追加保険料を支払う必要があり、労働保険料の申告書を訂正して支払うことになります。また失業保険の給付日数に雇用保険加入期間が関わってくるので、退職者と会社の間でトラブルになる可能性もあります。
地方税

地方税における名目的な本店(自宅)と実質的な本店が異なる場合の手続き方法

自宅を本店として他の場所に事務所を設置した場合、地方税では自宅と事務所がある自治体全てに申告・納税をするのが原則です。しかし本店が形式的な本店で他の事務所が実際の本店の時は、登記上の本店ではなく実態で本店を判断するため実質的な本店の自治体に申告・納税を行います。このようなケースの税務上の取扱いと手続方法を解説します。
テキストのコピーはできません。