所得計算

個人住民税・事業税

所得控除を知ろう!個人住民税の所得金額の計算方法について解説します

個人住民税の均等割は原則一律で3500円と1500円が課税されます。所得割は所得を基に計算し、所得-所得控除で計算した課税所得金額に税額を乗じます。住民税の所得控除は13種類あり所得税14種類と比較すると寄附金控除がありません。その他利子割と配当割、株式当譲渡所得割がありますが、均等割+所得割が個人住民税になります。
個人住民税・事業税

個人事業税の対象事業の範囲と計算方法について詳しく解説します

事業税は70種類の業種が対象で、事業主控除290万円までは税金が掛かりません。確定申告書の書き方は確定申告書Bの第二表下段に非課税所得・損益通算・青色申告特別控除・事業用資産の損失などを記入します。税率は3%~5%で条例による制限税率についても解説。個人事業税は必要経費に算入でき、所得計算は所得税の計算に準じます。
譲渡所得

マイホーム売却時の税金について基本的な計算方法を解説します

自宅を売却して利益が出ると税金が掛かり確定申告が必要です。住宅の譲渡所得は売却収入から取得費と諸費用を引き利益・損失を計算します。売却収入には固定資産税・都市計画税の精算金も含まれ、取得費は減価償却をします。原則・特例の取得費の計算方法、土地建物一括購入、購入・売却諸費用の具体例、減価償却方法、申告分離課税など解説。
税制改正

令和2年(2020年)から!所得税の給与所得控除と基礎控除の改正について

2018年~2020年までの税制改正について給与所得控除と基礎控除の改正を中心に解説。サラリーマンの年末調整の仕組みや給与所得、税金の計算方法、所得税の所得控除を図で解説。他に配偶者控除・配偶者特別控除の改正、NISA税制、タワーマンション課税、e-Taxとスマホによる電子申告の改正、消費税増税なども解説。
申告所得税

ネットの情報は間違いだらけ!?カジノの税金と一時所得の計算方法について

インターネットのオンラインカジノに係る税金は競馬や競輪、パチンコなどと同様に所得税の一時所得の対象です。IRが建設されればカジノ解禁と共にカジノで勝ったお金にも税金が掛かることになります。今回はマカオと比較した現状のカジノ税、一時所得の間違った計算方法と正しい計算方法、はずれ馬券の税務上の扱いなどについて解説します。
テキストのコピーはできません。