軽減税率

消費税

外食に係る消費税の軽減税率について個別事例により解説しました

消費税軽減税率の対象品目のQ&Aです。外食中心です。社員食堂?学食?給食?屋台?コンビニ?イートイン?持ち帰り?店内飲食?マクド?折り詰め?立ち飲み屋?フードコート?移動販売?新幹線のワゴン販売?野球場のビール?映画館のポップコーン?カラオケ?旅館・ホテル?バーベキュー?ケータリング?ピザの宅配?など詳しく解説。
消費税

個別事例で解説!飲食料品に係る消費税の軽減税率の適用について

消費税軽減税率の対象品目のQ&Aです。家畜や活魚を売ったら?インターネット通販の食品は?自動販売機は?食品の輸入は?野菜の種や苗木は?氷の販売は?賞味期限切れ?料理用のワインや調味料は?みりんや料理酒は?ノンアルコールビールは?健康食品、栄養ドリンクやトクホ?潮干狩り?食品の送料は?ペットフードは?など詳細に解説。
消費税

消費税の軽減税率の対象品目とその範囲について解説します

令和元年(2019年)10月の消費税10%の増税に伴う軽減税率の対象品目は外食・酒類・医薬品を除く全ての飲食料品、インターネット通販、イートイン、ケータリング、テイクアウト、宅配などで、Q&Aも掲載しています。その他経過措置や区分請求書の改正も行われます。軽減税率の対象食品に該当する範囲や判定方法について解説します。
消費税

消費税の軽減税率制度と請求書等の改正が会社経営に与える影響

消費税の増税に伴う軽減税率と適格請求書等について解説します。軽減税率は飲食料品と新聞について適用されます。また、軽減税率以上に大きな意味をもつのが、区分記載請求書等保存方式と適格請求書等保存方式(インボイス方式)です。請求書の保存は消費税の仕入税額控除の要件になります。この請求書の保存についても詳しく解説しています。
テキストのコピーはできません。