一時所得

申告所得税

ハズレ馬券は経費!?競馬に係る税金と一時所得の計算方法について解説します

確定申告で競馬の払戻金は所得税(個人住民税)の対象となります。具体的には的中馬券の払戻金から、その的中馬券を購入した金額を控除したものが一時所得として税金が掛かります。競馬に係る税金の計算として、所得税の基本的事項と一時所得の計算方法、一時所得に係る税金の計算方法を実際の競馬のレースを例に馬券を購入して解説します。
その他

一時所得と雑所得の違いや税金の計算方法について分かりやすく解説します

一時所得と雑所得の違いと含まれる収入の範囲を具体例で解説します。懸賞・福引・競馬等の公営競技・パチンコ・パチスロ・オンラインカジノの収入、生命保険金などは一時所得に、仮想通貨、公的年金、個人年金などは雑所得になります。それぞれの定義や税金の計算方法、総合課税・申告分離課税・源泉分離課税の雑所得、先物取引の特例も解説。
申告所得税

ネットの情報は間違いだらけ!?カジノの税金と一時所得の計算方法について

インターネットのオンラインカジノに係る税金は競馬や競輪、パチンコなどと同様に所得税の一時所得の対象です。IRが建設されればカジノ解禁と共にカジノで勝ったお金にも税金が掛かることになります。今回はマカオと比較した現状のカジノ税、一時所得の間違った計算方法と正しい計算方法、はずれ馬券の税務上の扱いなどについて解説します。
テキストのコピーはできません。