延滞税

税務署

確定申告を間違えた場合の修正申告と延滞税等の罰金について解説します

修正申告とは、税額が増える又は還付金が減るなど確定申告書の内容が誤っていた場合に是正する手続です。その期限は税務署長からの更正が行われるまでならいつでも可能で、修正申告書という書類を作成して税務署に提出します。また延滞税・過少申告加算税・無申告加算税が課されることもあり、法定申告期限と法定納期限も関係します。
税務署

延滞税等の日数計算を速算表を使って簡単に計算する方法をお教えします

税金の計算では日数を使って日割計算を行う場合があります。特に国税の罰金(附帯税)である延滞税は、その計算に日数を使用するため正確な日数計算が必要になります。法定納期限から納付日までの日数を簡単に計算できる速算表(計算表)を掲載し、使い方を解説しています。うるう年にも対応。主な国税の法定納付期限も掲載しています。
税務署

延滞税の計算方法を具体例を用いて分かりやすく解説します

国税の附帯税には延滞税、利子税、過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税、重加算税があり、最も有名で計算が複雑なのが延滞税です。延滞税の計算では税率(割合)の適用判定と日数計算が重要です。但し、延滞税の計算は税務署が行うので納税者自ら計算して納付することはありません。また1年以上の滞納には除算期間が設けられています。
源泉所得税

源泉所得税の納付を忘れた場合の延滞税と不納付加算税の取扱い

法人や個人が税金を期限までに納付しなかった場合には、延滞税、利子税、過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税及び重加算税の附帯税が掛かります。延滞税は少しくらい期限が過ぎても大丈夫です。しかし不納付加算税は1日遅れただけでも罰金になります。また不納付加算税には免除規定があります。延滞税の計算方法も掲載しています。
テキストのコピーはできません。