スポンサーリンク
スポンサーリンク

延滞税等の日数計算を速算表を使って簡単に計算する方法をお教えします

日数計算する少年 税務署

こんにちは。税理士の髙荷です。

税金には「納期限(納付期限)」があり、その納期限を過ぎてから税金を納めた場合には、罰金(附帯税と言います)が掛かるケースがあります。

特に有名な罰金が、国税の「延滞税」と呼ばれる罰金です。

この延滞税は、基本的に課税する側(税務署)が計算するため、納税者自ら計算して納付することは無いのですが、もし、税金を滞納してしまった場合に、どれくらい延滞税が掛かるのかシミュレーションしたいという人もいるかと思います。

 

延滞税を計算するためには、まず「延滞した日数」を算出しなければなりません。

延滞した日数が僅かであれば、直ぐに計算できますが、数ヶ月又は1年以上延滞してしまった場合には、日数を計算するだけでも大変です。

そこで今回は、簡単に日数計算ができる「速算表」を掲載するとともに、日数計算のやり方も併せて解説します。

延滞税など、その計算に「日数」を使用するものについて、活用してもらえたらと思います。

 

尚、延滞税の計算方法等については、下記の記事で詳しくまとめています。

延滞税の計算方法【滞納期間別の税率の適用方法と専門用語の解説】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日数速算表

日数速算表①(1日~10日まで)

日数速算表①

 

日数速算表②(11日~20日まで)

日数速算表②

 

日数速算表③(21日~31日まで)

日数速算表④

 

日数速算表の使い方

始期~終期が同じ年の場合

  • 始期 … 法定納期限の翌日
  • 終期 … 納付した日

日数速算表⑦

 

【計算例①】

  • 法定納期限
    … 平成31年(2019年)3月15日
  • 納付した日
    … 平成31年(2019年)8月31日

日数速算表⑧

 

【計算例②】

  • 法定納期限
    … 平成32年(2020年)1月31日
  • 納付した日
    … 平成32年(2020年)3月31日

日数速算表⑨

 

始期~終期の年が異なる場合

  • 始期 … 法定納期限の翌日
  • 終期 … 納付した日

日数速算表⑪

 

【計算例】

  • 法定納期限
    … 平成31年(2019年)3月15日
  • 納付した日
    … 平成32年(2020年)8月31日

日数速算表⑫

  • 上記の計算例は、除算期間を考慮していません。
スポンサーリンク

参考資料

日数速算表の全体図

最初の章で、10日毎に3分割して掲載した日数速算表ですが、全体としては、下図のようになります。日数速算表⑬

本来は、こちらの表を掲載したかったのですが、あまりにも小さくて見づらいため、前掲のように3つに分割して掲載しました。

拡大は可能ですが、それでも小さくて見ずらいと思いますので、前掲の10日毎に3分割した表をお使いください。(あくまでも参考として掲載しています)

 

法定納期限

法定納期限とは、法令により定められた、税金を納付する際の納付期限を言います。

日数速算表の計算では、この法定納期限を使用するため、ここでは主な国税の法定納期限を掲載します。

尚、納付に当たって申告を要する税金については、原則として法定納期限と法定申告期限(法令による申告書の提出期限)は同一の日となります。

 

申告所得税及び復興特別所得税

区分法定納期限
予定納税(第1期)毎年 7月31日
予定納税(第2期)毎年 11月30日
確定申告毎年 3月15日
  • 予定納税とは、所得税の中間申告に相当するものです。
  • 上記に掲げる納期限が、土曜日・日曜日・国民の祝日・休日の場合は、その翌日が納期限となります。(以下掲載する全ての税金について同様です)

 

消費税及び地方消費税

【個人事業者】

区分法定納期限
確定申告毎年 3月31日

 

【法人】

区分法定納期限
確定申告課税期間終了日の翌日から2ヶ月以内
  • 中間申告については割愛します。(以下、同)

 

法人税

区分法定納期限
確定申告事業年度終了日の翌日から2ヶ月以内

 

源泉所得税及び復興特別所得税

【納期の特例の承認を受けていない場合】

法定納期限
源泉徴収の対象となる所得を支払った月の翌月10日

 

【納期の特例の承認を受けている場合】(給与等特定の所得に限ります。)

区分法定納期限
1月から6月までの支払分7月10日
7月から12月までの支払分翌年1月20日

 

相続税

区分法定納期限
確定申告相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内

 

贈与税

区分法定納期限
確定申告毎年 3月15日

 

以上で、延滞税等を計算する場合の日数の速算表についての解説を終わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
税務署

おすすめ関連記事&Ad

スポンサーリンク
スポンサーリンク
髙荷祐二税理士事務所 風の向くまま気の向くまま
テキストのコピーはできません。