上場株式等

譲渡所得

源泉徴収あり?なし?上場株式等の特定口座制度について解説します

有価証券など金融商品の税制、特定口座について解説します。源泉徴収口座と簡易申告口座、一般口座の違いや特徴、源泉徴収ありの口座の源泉徴収(納税)の仕組みと、確定申告をする場合・確定申告不要の場合の解説など。また源泉徴収口座への配当等の受入れや損益通算(相殺)、譲渡損失の3年間の繰越控除も解説。専門用語も解説しています。
譲渡所得

株式等の売却に係る譲渡所得と税金の計算方法【上場株式等と一般株式等】

有価証券の譲渡では上場株式等は一定の配当所得と損益通算・繰越控除ができます。株式等は申告分離課税により20.315%の税率で課税されます。上場株式等とは取引所の上場株式や公募の投資信託、特定公社債等が該当し、一般株式等は非上場株式や私募による投資信託、一般公社債等が該当します。上場株式等と一般株式等は別々に計算します。
テキストのコピーはできません。