役員貸付金

会社経営

役員貸付金と役員借入金の大きな違い【税務上の問題点と融資との関係】

役員貸付金は税金を計算する際必ず認定利息を計上する必要があり、融資の審査上でも貸付金の回収可能性と不良債権化で問題になります。役員借入金は税務上・融資審査上問題となりません。利息の計上は不要で、審査上もマイナスになりません。認定利息の計上方法や融資の審査におけるポイントから短期貸付金と短期借入金を比較しています。
テキストのコピーはできません。