障害者控除

年末調整

【2019年(令和元年)分】所得税の扶養控除額・障害者控除額一覧表

扶養控除とは一定の扶養親族がいる場合に所得控除という優遇措置が受けられる制度で、同じく障害者控除も一定の障害者が適用できる税制上の優遇措置です。これらを適用すると年末調整や確定申告の税金を少なくすることができますので、今回は、年齢別・区分別(同居・非同居・障害の有無)の扶養控除と障害者控除の一覧表を掲載します。
相続税

相続税における障害者控除の適用要件と計算方法について解説します

障害者控除は所得税や住民税限定ではありません。相続税にも障害者控除があります。相続税の障害者控除は相続税の金額を直接減額する税額控除です。適用要件は相続人が障害者で、日本に住んでおり、85歳未満の法定相続人であることです。控除額の計算方法と控除しきれなかった障害者控除額、二次相続の場合の取扱いも解説しています。
申告所得税

所得税と住民税における障害者控除の手続きについて

年末調整や確定申告で障害者は税金の優遇措置が受けられます。この障害者控除について一般の障害者と特別障害者、同居特別障害者の区分、扶養控除等申告書の記載方法、障害者手帳の提出不要、同一生計配偶者及び扶養親族の意味、障害者控除の金額や適用要件、確定申告書第一表、第二表の記載方法、添付書類の必要性について解説します。
テキストのコピーはできません。