納税義務

個人住民税・事業税

個人住民税を納める人と納めない人、申告する人としない人の違いについて

都道府県民税と市町村民税(特別区民税含む)が住民税で法人・個人が対象です。利子割・配当割・株式等譲渡所得割・均等割・所得割の5つから成り、一般的に均等割+所得割が個人住民税です。日本に住む全員を対象とし一定の所得がある人が納税義務者となり、所得税の確定申告者や給与(公的年金等)支払報告書を提出した人等は申告不要です。
消費税

いつまで免税?法人に係る消費税の納税義務の判定方法について解説します

税金の納税義務の判定、特に消費税の納税義務の判定は重要です。今回は基準期間、特定期間の解説、課税売上高と給与支払額の定義と計算方法、課税事業者・免税事業者の意義、1年未満の基準期間の判定、設立1期目2期目で必ず免税事業者になる方法、資本金1千万円の基準、大企業の子会社の定義、調整対象固定資産などについて解説しています。
消費税

開業2年目までは免税ですか?個人事業者に係る消費税の納税義務の判定方法

税金の納税義務の判定、特に消費税の納税義務の判定は重要です。今回は基準期間、特定期間の解説、課税売上高と給与支払額の定義と計算方法、課税事業者・免税事業者の意義、アフィリエイト報酬の消費税及びGoogleアドセンスの消費税の取扱い、開業日による節税方法、開業1年目、2年目、3年目以降の納税義務を解説しています。
テキストのコピーはできません。