円換算

会計処理(仕訳)

外貨建取引の仕訳方法について期末の処理を中心に分かりやすく解説します

外貨建売掛金や買掛金、前払金や前受金さらに外国通貨、外貨預金、固定資産などは円換算後の金額で仕訳をしなくてはなりません。基本的に取引発生時の外国為替レート(HR)で換算し、一部のものは期末時の外国為替相場(CR)で換算します。TTMで円換算するのを原則とし、円換算時の為替レートによる差額は為替差損益として計上します。
テキストのコピーはできません。