固定資産税

地方税

固定資産税・都市計画税の計算方法と特例制度について詳しく解説しました

固定資産の税金には固定資産税と都市計画税、償却資産税があります。全て地方税で賦課課税により計算されます。固定資産税は土地・家屋が対象、都市計画税は土地・家屋で市街化区域内にあるものが対象です。税率は固定資産税1.4%都市計画税0.3%以下です。住宅用地・新築住宅など多くの特例があり一部都市計画税にも適用されます。
テキストのコピーはできません。