住民税

地方税

従業員が退職をした場合の住民税の手続きについて解説します

転職が当たり前の時代、従業員が退職した場合には税金の手続が必要になります。普通徴収の住民税は手続不要ですが特別徴収は会社で手続します。住民税の異動届の書き方も解説。退職日が5月までと6月からで処理が変わり、一括徴収やすぐに転職する場合の手続も解説。退職者の源泉徴収票や給与支払報告書の作成・提出も必要です。
地方税

従業員が引っ越しをした場合の住民税の手続きについて解説します

法人の従業員に関する手続きには多くのものがあります。会社内部での手続きや社会保険等の手続き、そして税金の手続きもあります。今回は、従業員が引越しをした場合の法人の住民税の手続きについて解説します。特別徴収と普通徴収の両方を具体例で解説しています。また、住民票の異動をしていなかった場合も併せて解説します。
テキストのコピーはできません。