見方

会計処理(仕訳)

給与明細書の見方を4つのポイントに絞って分かりやすく解説します

給与明細書は勤怠と支給項目、控除項目からなり支給総額から控除総額を引いた金額が手取額(振込額)です。勤怠は出勤・欠勤・就業時間等を記入し、支給項目は基本給と各種手当が記載されます。控除項目は社会保険料と税金で構成されます。又給与と給料の違い、締め日と支給日、有給(年次有給休)及び明細書の保存期間について解説しています。
年末調整

源泉徴収票の見方と書き方を分かりやすく解説しました

源泉徴収票は年末調整終了後会社が発行し確定申告や転職・退職後に必要です。年収や給与所得、所得控除、源泉徴収税額や控除対象配偶者、扶養親族、障害者、寡婦、寡夫、勤労学生、乙欄、災害者や入社日・退職日も記載されます。住宅ローン控除額や年末残高等も載り、退職者は年調未済になります。従たる給与と主たる給与の意味も解説。
テキストのコピーはできません。