会計処理(仕訳)

自動車を売却した場合の仕訳方法を一から解説しました

税抜税理の車売却の仕訳を弥生会計による税区分の別記を使った仕訳例つきで解説。車を売った時は税込経理か税抜経理か売却益か売却損かでやり方が変わります。消費税の区分(課税売上、内税、外税、対象外等)も大事です。仮受消費税を使うことで税抜経理の仕訳を簡単に行えます。尚、税込経理と税抜経理で利益が同じになる理由も解説。
会計処理(仕訳)

自動車を購入した場合の仕訳方法を一から解説しました

車を買った場合には車両本体だけではなく、附属品や自動車税・自動車取得税・自動車重量税の税金と自賠責保険料、さらに検査登録、車庫証明などの法定費用や手続代行手数料、リサイクル預託金も必要です。これらの諸費用をまとめて仕訳する方法と、消費税の区分を詳しく解説しました。取得価額に含めるものと含めないものも解説しています。
法人税

経費にできる!?個人名義の車両を法人の所有車として使用する方法

社長名義の車を会社で使い経費を計上することはできません。税金対策として税務調査で否認されます。個人から法人への売却や実質所得者課税の原則の意味、税法の名義と実質の関係、売却価格の決定方法、査定や市場価格、簿価の取扱い、合意書や覚書の作成方法と注意点、無償貸付の使用貸借や有償貸付の賃貸借による使用の概要などを解説します。
テキストのコピーはできません。